本当に効果のある育毛剤!その1「アクタビス」

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

本当に効果のある育毛剤!その1「アクタビス」

actavis

アクタビスとは?

アクタビスとは外用塗布タイプの育毛剤です。

主成分はミノキシジルであり、これは男性型脱毛症AGAに対して特に有効な治療成分となります。

日本で有名なミノキシジル製剤といえば「リアップ」がありますが、アクタビスは海外で有名なミノキシジル製剤であるロゲインのジェネリック製品ですので、同じ効果が期待できる上に安く購入できるメリットがあります。

日本国内で厚生労働省に認可されているリアップよりは知名度が低いので一般の方はあまりご存知ないかもしれませんが、海外では多くの薄毛患者さん達に愛用されています。

アクタビスの名前は、これを製造するアクタビス社から来ていて、同社はジェネリック医薬品の取扱いで広いシェアを持つ企業です。

育毛剤としてのアクタビスには濃度が異なる二種類の製品があります。

濃度2%の製品と濃度5%の製品がありますが、現在では日本国内でも濃度5%のミノキシジル製品が一般的ですので通常はこちらを選ぶことになるでしょう。

女性などは高濃度のミノキシジル製剤が使えないこともあるので、低濃度の製品が選択肢になることもあります。

また副作用の項で詳しく述べますが、持病などの影響で高濃度だと心配がある方は2%濃度の製品が選択されることもあります。

アクタビスの効果効能

アクタビスはミノキシジルが主成分ですので、この成分の効能に期待することになります。

ミノキシジルは毛細血管の拡張作用によって血流を大幅に増やす作用があります。

血管を拡張することで血流が増幅され、これによって毛根に栄養を大量に届けることで発毛を促進します。

AGAが発症している部位ではジヒドロテストステロン(DHT)の作用によって毛根に脱毛信号が送られているために正常な成長過程を経ることができない状態にあります。

すなわちヘアサイクルの中の成長期が短くなり、毛根の活力がどんどん失われていきます。

毛根としての役目を終える方向に向かっていきますので、それまでと同じような栄養量は必要ないと判断されて毛根に続く毛細血管も細くなり、一部は消失します。

ここにアクタビスを使用することで消失に向かう毛細血管を復活させ、血流を強制的に流してやることで毛根に喝を入れることができます。

ミノキシジルには新たな毛細血管を増設する作用もあるので、他の血行促進成分よりもかなり強力な効果を有しています。

ただ、AGAの主原因であるDHTの生成を抑制する効果はミノキシジルには無いので、アクタビスを単体で使用するよりも、フィナステリド製剤によってDHTの生成を抑制しつつアクタビスを投与すると一層効果的な薄毛治療とすることができます。

アクタビスの副作用は?

アクタビスはミノキシジル製剤の一つですので、副作用は他のミノキシジル製剤と同じと考えて差し支えありません。

ミノキシジルの副作用は危険度が高いものでは循環器系への悪影響があります。

元々は高血圧症の治療に用いられていた成分ですので、その作用も承継しています。

作用機序としては血管の強力な拡張作用によって血流による圧を下げ、持って高血圧症状を改善するというものですが、これが薄毛治療においてはベネフィットとなるわけです。

もっとも、内服タイプのミノキシジル製剤と違い、外用塗布の形態で使用する場合は全身性の副作用は起きにくいのでそれほど心配する必要はありません。

ただし、普段から血圧異常のある方や、心臓疾患を抱えている方の場合は副作用の発現リスクが高いため注意が必要です。

低血圧の症状がある方はより血圧が低下してしまう恐れがありますし、高血圧の症状がある方で医師から降圧剤の処方を受けている場合は、薬の効能を強めてしまうため必要以上に血圧を下げてしまう恐れがあります。

心臓疾患など循環器系に持病がある方もその症状を強めてしまう恐れがあるので使用には注意が必要です。

この場合は低濃度の2%濃度の製品を検討しましょう。

危険度がそれほど高くない副作用としては頭髪以外の体毛が濃くなってしまう多毛症があります。

頭部に近いヒゲなどが濃くなってしまう事例もありますが、発現頻度はかなり低いのであまり心配する必要はありません。

他には外用塗布剤という性質上の問題が出る場合があります。

例えば痒みやヒリヒリ感などです。

こちらはミノキシジルそのものの副作用というよりは、添加物など製品中に含まれる色々な成分によってもたらされるものと思われます。

数回使用しているうちに体が慣れて症状が消えることもありますが、不快症状が治まることなく逆に増進していく場合は体に合っていないと判断する方が良いかもしれません。

炎症が起きる場合は逆に頭皮環境を悪化させてしまうので使用を中止した方が良いでしょう。

アクタビスの購入方法は?

アクタビスはリアップと違って日本国内で認可を得ていないので、購入するには個人輸入などで購入する必要があります。

複数の個人輸入代行業者がアクタビスを取り扱っていますのでチェックすると良いでしょう。

個人輸入には危険性が指摘されることもあります。

あまりメジャーでない代行業者の場合、商品の仕入れに関して信用度が低くなってしまいます。

すなわち、偽物や粗悪品を掴まされる危険があるということです。

大手業者であれば、輸入先となる業者の適性などを割と注意して調査することが期待できますが、代行業者が個人の場合や名前を聞いたことが無いような業者の場合はそれほど手間をかけて輸入先をチェックすることが期待できません。

大手業者だからといって100%安全であるとも言い切れませんが、信用が商売に直結することから上記の危険性に対する牽制効果を期待できます。

アクタビスの値段は?

アクタビスは先行品であるロゲインのジェネリックですので、ロゲインよりも低価格になります。

国内で有名なある個人輸入代行業者の場合、濃度5%製品が2本で4500円前後、濃度2%製品が2本で3600前後となっているようです。

輸入品であるため為替のレートによって値段が上下するほか、業者によっても値段はまちまちですので、比較検討の際には希望する決済方法の取扱いやポイント付与の有無など諸条件を勘案して検討すると良いでしょう。


育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ