AGA治療薬と治療にかかる費用について

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

AGA治療薬と治療にかかる費用について

aga

目次

AGAの治療薬にはどんなものがある?

医療機関による男性型脱毛症AGAの治療が開始されたのは画期的でしたね。それまではハゲは治療で治すことができないと考えられていたのですが、特効薬ともいえる治療薬の開発に成功したため、医師の介在を必要とはしますが投薬治療を受けることができるようになりました。

現在でも有効な治療薬の開発が進められていますが、現状で受けられる投薬治療に使用されるものにはどんなものがあるか見ていきましょう。

主役はフィナステリド製剤

商品名としてはプロペシアが有名ですが、海外製のフィンペシア他、色々な製品があります。それらの主成分であるフィナステリドはAGAの原因物質が生成されないようにする効果があるので、まずはフィナステリド製剤の投与がAGA治療の基本中の基本となります。

AGAを発症している人の体内ではジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが盛んに生成されています。これが毛根の細胞に対して脱毛信号を発することでヘアサイクルの成長期が短くなり、毛髪が十分に育てなくなります。

DHTの影響を受ける毛根が増えていくと毛髪の軟毛化が徐々に進み、これがハゲ薄毛として視認されるのです。フィナステリドはDHTが生成されることを防ぎ、ヘアサイクルを正常化することで薄毛を改善します。

強力な血行促進効果のあるミノキシジル製剤

商品名としてはリアップが有名ですが、主成分であるミノキシジルはやはり海外の他製品にも使用されます。

ミノキシジルの効果はフィナステリドのようにホルモンに作用するものではありません。こちらは毛根付近の毛細血管を拡張させ、血流を大幅に増幅する効果により栄養を強制的に届けます。いわゆる毛根に喝を与えるという表現が適切で、強制的に活力を取り戻させます。

ミノキシジルだけでも効果はありますが、フィナステリド製剤と組み合わせることで薄毛の改善効果は飛躍的に上がるので、ほとんどの事例で併用されます。

AGA治療薬の副作用は?

全ての薬には治療効果だけでなく必ず副作用のリスクがあります。発生頻度を抑えてできる限る安全な治療薬として流通させているのはもちろんですが、それでもやはり副作用リスクは0にはなりません。

今回はAGA治療を検討している方が知っておくべき副作用について見ていきます。

プロペシアの副作用

propecia

AGA治療の基本となるプロペシアはホルモン系に作用する薬ですが、主な副作用は生殖機能に影響するものです。

具体的には性欲減退、精子量の減少、射精障害、勃起不全、睾丸痛などです。発生頻度は1%程度ですのでそれほど心配する必要はありませんが、使用を開始してこれらの症状が出る可能性があることを覚えておけば、適時に医師に相談することができます。

他には皮膚系症状としてかゆみ、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面の腫脹を含む)、精神系症状として抑うつ症状などが出ることもあります。

またホルモンに作用することから乳房圧痛、乳房肥大等の症状が出ることもあります。

上記症状は総じて頻度が1%程度あるいは頻度不明とごく限られたケースですのでそれほど心配いりません。ただし頻度は低くても肝臓に負担をかけるので、医師の観察の元、AST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTPなどの数値の上昇が見られたら使用の中止を検討することになります。

リアップの副作用

riup

ミノキシジルを主成分とするリアップは強力な血管拡張効果があります。もともとは高血圧患者に投与して血圧を下げる薬として使用されていたものが薄毛治療に応用されたものです。

血管に作用するだけに、血圧異常がある人や血管系の病気がある人、心臓疾患を抱えている人は使用を認められない場合もあります。

リアップの副作用としては具体的には血圧の低下や心拍数の増加など循環器系のもの、かゆみやかぶれ、発疹などの皮膚系のもの、他に頭痛やめまいなどがあります。発生頻度として多いのは皮膚系の症状です。これはリアップが外用塗布剤として用いられることも影響しています。

AGAの治療にかかる費用はどれくらい?

AGAの治療には現在のところ医師の介在を得て処方を受けたり、先端治療としてメソセラピーなどの施術を受ける必要があります。市販薬では根本的な治療が難しいからです。

AGAの治療には残念ながら保険が使えませんが、クリニックで治療を受ける場合に大体どれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

効果を優先するなら1年間で100万円近くは見ておくとよい

クリニックによって当然差がありますが、効果のある治療を受けるには半年で50万円、1年間で100万円近く見ておいた方が良いでしょう。

AGAの治療には大きく分けて投薬治療、メソセラピーなど先端治療、植毛手術の3つに分かれます。検査費用など初期費用も含めて、投薬治療だけで済ませる場合は1か月約15000円~30000円程度、これを半年から1年かけて行うので半年で安くても9万円程度です。

AGAの初期であれば投薬だけで十分な場合もありますが、これに育毛メソセラピーやHARG療法という先端治療を併用すれば相乗効果でかなり高い発毛効果を得ることができます。こちらはワンクール6か月で、1月に一度の施術となります。メソセラピーは1回3万円程度、HARGの場合は1回8万円程度かかりますから半年で18万円から48万円がかかります。HARGは治療実績の信頼性が高い分費用も高くなってしまいます。

植毛治療はまた別領域として考えよう

植毛治療は上記治療法とは異なり外科分野の治療となります。植毛治療ができる医師も限られるのでどこでも治療が受けられるわけではありません。クリニックによって、また採用する術式によっても変わってきますが、生え際や前頭部の狭い範囲であれば20万円~50万円程度、U字ハゲやO字ハゲで症状が進んでいる場合は広範囲になるので100万円以上かかるケースもあります。

植毛治療には人工毛を用いるものと自毛を用いるものがありますが、人工毛は安全上の理由でほとんど採用されません。

AGAの治療は保険が使える?

これまであなたはどんな薄毛対策をしてきましたか?多くの方は市販の育毛剤を使ったりマッサージを行うなどして工夫されてきたことでしょう。

しかし男性のAGAの場合、ホルモン由来の症状として薄毛が進行するものですので、自分でできる手当だけでは難しいのが現状です。今では病院で薄毛治療をするのが当たり前になりましたが、AGAの治療には保険を使えるのでしょうか?

残念ながら保険は使えない

円形脱毛症などであれば別ですが、AGAの治療には残念ながら保険を使うことはできません。

保険が使えるのは心身の苦痛が大きい疾患のみとなっていて、現在のところAGAは保険治療の対象にはなっていないのです。薄毛の悩みは結構な苦痛を伴いますが、国は認めてくれないのですね。

AGAクリニックのHPを見ると分かりますが、AGAの治療には結構な額がかかってきます。基本となる投薬治療でもフィナステリド製剤が5000円程度~6500円程度と、クリニックによって差はありますが、投薬治療は長い期間続けなければならないので1年間では数十万円かかってくることもあります。

フィナステリド製剤以外にもミノキシジル製剤やその他発毛促進効果のある治療薬も必要になるのでかなりの出費になることは仕方ありません。クリニックによっては海外から安いジェネリック品を取り寄せている所もありますので、上手に利用すると良いでしょう。

一般皮膚科など保険適用の医療機関ではどうか?

AGA専門クリニックなど美容クリニック系はもともと保険が利きませんが、一般の皮膚科など日常で保険を使って治療を受けられる医療機関ではどうなのでしょう。

残念ながらこちらも保険を使ってAGA治療を受けることはできません。病院自体は保険を使って治療を受けられるように届け出を行っているのですが、AGA治療が保険の対象疾患になっていないためです。病院として保険が使えることと、その疾患が保険対象に指定されることが必要なのです。


育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ