女性の薄毛・抜け毛の原因と治療

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

女性の薄毛・抜け毛の原因と治療

Hair_of_women

女性の薄毛や抜け毛も、今では大きな問題で薄毛や抜け毛に悩む女性は年齢問わずとても多くなっています。そんな女性の薄毛・抜け毛の原因と治療についてお話ししたいと思います。

女性の薄毛の原因は?

ハゲや薄毛の悩みは男性だけのものではありません。以前から女性も薄毛の悩みは当然あったのですが、昔はあまりクローズアップされることはなく、対策商品の開発なども男性よりかなり遅れていました。しかし近年その悩みを解決しようと関係企業が商品開発に乗り出し、女性向け薄毛対策は大きなマーケットになっています。

ところで女性の薄毛は男性の薄毛とは機序が異なることが多いのをご存知でしたでしょうか?今回は女性に多い薄毛の原因について見ていきます。

女性の薄毛はびまん性脱毛症であることが多い

びまん性脱毛とは、頭髪の一部ではなく頭髪全体で均等に進む薄毛のことです。男性の場合は生え際や頭頂部など特定の部位から徐々に進行しますが、女性に多いびまん性脱毛の場合は頭の全域で均等に薄毛が進んでいきます。

年代としては40代以降の女性に多くなりますが、びまん性脱毛を引き起こす原因は様々です。加齢やストレスの他、ダイエットを目的にした食事制限や間違ったヘアケアなどが原因になり得ます。

自分でできる対策は?

加齢の他には主に生活習慣からくることが多いびまん性脱毛は自宅での対処も可能です。

食生活が偏っている場合は見直し、育毛ゴールデンタイムと言われる午後10時から夜中の2時付近には深い眠りについているようにしましょう。またびまん性脱毛に繋がりやすいのが日々のヘアケアです。

女性はヘアカラーリングやパーマなどをしている方が多いですが、これが頭皮にかなりの負担をかけているのです。最近消費者庁も注意喚起しましたが、カラーリング剤などで皮膚トラブルが多発しています。使用に際して刺激感がある場合は当然使用してはいけませんが、本人に特に刺激感が無くとも頭皮には良い影響は決して与えません。薄毛を自認している方はできるだけ薬品の使用は避けた方が無難です。

また意外と多いのが頭皮に合わないシャンプーです。最近は刺激物の多い一般の市販品よりも、薄毛対策に特化した刺激の少ない商品が好んで利用されているようです。

女性の抜け毛の原因は?

女性で抜け毛が気になるというあなた、頭皮環境は清潔に保っていますか?毎日しっかりと頭皮洗浄をして清潔に保っていればよいですが、中高年の方は毎日お風呂に入るという習慣がない方が結構いらっしゃるはずです。毎日お風呂に入る習慣がない方は、体に痒みなども起きないので問題なさそうにみえても、頭皮には悪影響を及ぼしていることが考えられます。

最近抜け毛が増えてきたという方向けに、女性に多い抜け毛の原因についても見ていきたいと思います。

毎日の頭皮洗浄を怠ると○○性脱毛症の危険が

人間の体は特に汗をかくような運動をしなくても、体の老廃物や異物を除去するために「垢」を作って体外に排出しようとします。頭皮でも垢が作られますが、一般的には「フケ」などと呼ばれているものです。

一日なにもしなくともフケはできますから、一日一回、しっかりと頭皮を洗浄しフケを落としてあげないといけません。これを怠るとフケは頭皮に溜まったままとなり、毛穴をふさいで毛髪の育成を邪魔してしまいます。フケが原因で起きる抜け毛を粃糠(ひこう)性脱毛といいます。

粃糠(ひこう)性脱毛で注意が必要なのは、洗い過ぎも良くないということです。頻繁に洗髪し過ぎると、シャンプーなどによる過度な刺激によって逆にフケができやすくなることがあるのです。その他生活習慣によってもフケが出やすくなることがありますが、まずは毎日1回の洗髪習慣をつけることで頭皮の清潔を保つことが基本中の基本です。それでもフケが多いと感じたならば別の原因や疾患を疑って皮膚科にかかると良いでしょう。

同じ毛穴詰まりでもフケではなく皮脂が原因となって起きる脱毛を「脂漏(しろう)性脱毛」といいます。これもやはり入浴習慣が毎日ない人に多くみられる抜け毛症状です。

多くの場合一日一回の洗髪によって余分な皮脂を洗い流せるので自分で改善が可能です。刺激物を含まずしっかりと洗浄できる薄毛対策シャンプーなどを使うのがベストです。症状が進んでしまうと炎症を起こすことがあるので、その場合は皮膚科で手当てを受ける方が良いでしょう。

女性の薄毛はどうやって治療する?

女性の薄毛治療で注意しなければならないのは、男性用の治療薬の一部は使用できないものがあるということです。市販品も含めて、女性が使うことのできないものは「女性禁忌」などの注意書きがあるので購入する際は注意してみなければなりません。

それでは女性の薄毛治療として、自分でできる方法とクリニックなどで受ける治療を見ていきましょう。

自分でできる治療は?

薄毛の原因がある程度予想できるのであれば、その原因を取り除くことで対処できることもあります。例えば皮脂が多く脂漏性脱毛が疑われる場合は皮脂の除去効果の高いシャンプーを使用して、その後に育毛剤を使うなどです。

分娩後脱毛などのホルモン由来の脱毛には対処が難しいですが、育毛の基本となる頭皮の洗浄と体に合う育毛剤の使用で改善することも十分期待できます。ただ原因を特定するのは素人では難しいので、その場合は医師の診断を受けて治療をする方が効率が良いでしょう。

クリニックでの治療は?

男性のAGAの治療薬の主役であるフィナステリド製剤は女性は使用することができません。女性には主にミノキシジル製剤の血管拡張作用による治療効果を期待することになります。

ミノキシジル製剤には国内製品、国外からの輸入製品などで複数の商品がありますが、女性の場合は男性よりも低濃度でなければ安全性が確保されないので、医師の処方を受けた製品を使用するようにしましょう。また、最近利用されるようになった内服タイプの女性用治療薬「パントガール」が、女性が安心して服用できる薄毛治療薬として注目されています。約3か月で育毛効果を実感できるとされています。この他にクリニックによりますが、メソセラピーとして頭皮に複数の有効成分を直接注入する治療を受けることもできます。

また、脂漏(しろう)性などの原因があればそれを取り除き、強力な血流増進によって毛根に活力を与え、育毛・発毛を促します。

この様に「薄毛」と言っても男性と女性で大きな違いがあり治療法も異なるという事、また女性の薄毛は治療で治せるという事がお分かりいただけたでしょうか?当然早ければ早い程改善も早いです。悩んでばかりいるなら何かしら出来る事から薄毛対策を始めてみては如何でしょうか?


育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ