毛根の数は胎児のときに決まっている。

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

毛根の数は胎児のときに決まっている。

赤ちゃんイメージ画像

毛根はお母さんのおなかのなかにいるときからすでに決まっています。成長していくにつれ増えていくということもありません。

ということは「生まれたときから、毛根の数が少ないと薄毛になってしまう!!」とショックを受けた方も多いのではないのでしょうか。

確かに毛根がないところには毛が生えてこないので、もともと毛根の数が多い人に比べると髪の毛の量は少なくなってしまいます。

生まれたときにはすでに、毛根の数が決まってしまっている。悲しい現実ですね。

しかし、生まれつきの毛根の量にはそんなに差がない!!

先天性無毛症や先天性欠毛症などの病気でない限り、毛根の量には多い少ないなどの多少の差はありますが、毛根の量は約10万個と言われています。

毛根の数自体に開きがないのであれば、だいたいみんな同じような髪の量になるのではないのかと思いますが、髪質や細さ、さまざまな要因で毛根がうまく機能しなくなり髪の毛が生成される量が少なくなるということはあります。

毛根の働きが悪くなる原因

①食生活の乱れ
肉料理に偏っていたり、ファストフードで簡単にご飯をすませている人は栄養が偏ってしまいます。髪の毛の主成分であるタンパク質をつくるためにはビタミンも必要になってきます。
②間違った頭皮ケア
洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている、髪の毛の洗う回数が多すぎると必要な皮脂まで流れてしまい、頭皮はさらに皮脂をだそうとしてしまいます。シャンプーは1日に1回で十分です。
③ストレス
ストレスがたまると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが悪くなったり、頭皮の血行が悪くなります。
④睡眠不足
睡眠が不足すると体調も優れなくなるほか、髪の毛の生成に関わる成長ホルモンも出されません。夜の10時から午前2時は成長ホルモンが多く出される時間帯なので、その時間帯に睡眠をとるようこころがけましょう。

毛根はなくならない!!

毛根の機能が低下することはありますが、もともとあった毛根がなくなってしまうということは、大やけどをして頭皮が焼けてしまったとか、手術をしたなどがないかぎりないとされています。

毛根が修復不可能のような状態になってしまった場合は自毛移植や植毛といったことも必要になってくるでしょうが、何かの原因によって毛根の働きが悪くなっている状態であれば、原因の改善と育毛剤によって、毛根のはたらきを促すことは可能です。

育毛剤を使って毛根のはたらきを促進することで、毛根の数は変わらなくても髪の毛の量は変わりますよ!

毛根を元気にする方法

毛根のはたらきが衰えてしまっている場合、血流が悪く栄養分が毛根まで届けられていないことが多く、血流の改善をすることが大切になってきます。

頭皮の血流を改善に有効なのがミノキシジル含む育毛剤になります。

ミノキシジルは世界的に使われており、日本皮膚科学会でも育毛の効果があると認められている育毛成分のひとつです。

効果としては、血管の拡張させて頭皮の血流を改善させ、髪の毛を作る毛母細胞に十分な栄養を与えることで、髪の毛の生成を促すとされています。

髪の毛の栄養分となるタンパク質やビタミンをバランスよく摂取し、頭皮の血流を促すことで毛根の衰えた機能を復活させることができます



育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ