髪の毛を正しく洗ってこそ育毛効果が発揮できる!!

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

髪の毛を正しく洗ってこそ育毛効果が発揮できる!!

シャンプーの仕方

薄毛対策には、育毛剤と頭皮に良いとされるシャンプーを使ったら頭皮の環境は整うとはかぎりません。
正しく髪の毛を洗っていあないと、せっかく生えかけてきている髪の毛を自分自身でダメにしてしまっている場合があります。

育毛剤やシャンプーを使うのであれば。その効果が最大限でるようにすることが必要です。
そこで必要になるのが、正しい髪の毛の洗い方です。

ゴシゴシ洗いすぎは禁物。

髪の毛の生え始めはとても柔らかい毛です。皮脂や汚れを必死に落とすことに気がとらわれてしまうと、せっかく生えてきた新しい毛を自分自身で、傷つけてしまいます。

かといって、あまり優しく洗いすぎると汚れや皮脂が残ってしまい抜毛が増えてしまうという逆効果にもなりかねません。

正しいシャンプーの方法

1.粗めのくしでブラッシングします。

髪の毛のからまりをとり、髪の毛が泡立ちが良くなり汚れが落ちやすくなります。

2.シャンプーの前にぬるま湯(38度前後)で、髪の毛についたホコリや汚れを洗い流します。

シャンプーが泡立ちやすくなり、汚れやほこりが8割程度落とせます。

この時熱すぎるお湯は皮膚の乾燥させてしまいますので、適温は38度前後のぬるま湯です。

また、この段階で指の腹の部分を使って地肌のところもしっかりぬらし、洗いながします。


3.水気を切ります。

軽く髪の毛の毛先の水分をとります。ボタボタと水が流れ落ちない程度でOKです。

髪の毛にシャンプーを付けたときに、シャンプーが流れてしまわないようにします。

4.シャンプーはまず手の平で泡立てましょう。

シャンプーを直接、頭皮につけると刺激が強すぎてかぶれを起こしたりする原因になります。

5.泡は地肌からつけていきます。

一番洗う必要のある地肌の部分からつけていきます。

後頭部の地肌もしっかりと泡をつけます。

6.指の腹の部分を使って地肌をしっかり洗います。

生え際から頭頂部、えり足へと指の腹の部分を使って頭皮を動かしながらもむように洗います。洗う時間の目安は1~2分程度です。

洗いすぎは頭皮の負担になります。

7.頭皮の部分からしっかりと洗い流します。

シャンプーがのこらないように3~5分程度流します

この間に指の腹で軽く頭皮マッサージをするのもgood!

爪はたてないこと、ブラシを使ってゴシゴシ洗うのは地肌を傷つける原因になりますのでやめましょう。

8.コンディショナーを髪の毛につけます。

この時地肌にはつけないようにします。

数分放置し、馴染ませたあとしっかりと洗いながします。

コンディショナーが髪の毛に残っていると逆効果ですのできれいに洗い流します。

洗い流しの時間はシャンプーで髪の毛を洗う時間の3倍程度必要と考えて下さい。


育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ