20代で薄毛に!?その原因とケア方法は?

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

20代で薄毛に!?その原因とケア方法は?

premature_alopecia

病院で薄毛の治療が開始されてから幾分と経ちますが、現状では薄毛患者さんの多くが40代、50代の壮年期の方々です。

一般的なイメージとしてもハゲ薄毛の悩みは「オジサンのもの」という意識があることは否めません。

しかし現実にはもっと若く、20代でも薄毛に悩む方はたくさんいます。

もしかしたらあなたもまだ20代で薄毛に悩んでいませんか?

大学生や社会人として精力的に活動する若い世代を悩ます20代の薄毛について、原因や対策法を探っていきます。

20代でもAGAになるのか?

男性の薄毛の原因はほとんどが男性型脱毛症、つまりAGAであると言われています。

確かに、ハゲ薄毛症状の全対数から見れば大多数がAGAといって間違いないでしょう。男性に生まれた人にとってAGAになることは運命だと言っても良いかもしれません。

ですが一般的にはAGAで治療に通うのはもっと上の世代の40代以降の方々のはずです。

20代という若いときからAGAを発症することはあるのでしょうか?

結論から言えば、20代でもAGAを発症することは十分に考えられます。AGAが起きる原因は体内の男性ホルモンの変化によるものです。

男性の体内には男性としての体つきや生殖機能の維持の為に働くテストステロンというホルモンが存在するのですが、これ自体は別に薄毛を促進することはありません。

問題はこのテストステロンが体内にある酵素の一種である5αリダクターゼという物質と結びつくことでジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化してしまうことです。

DHTは毛根に脱毛シグナルを送るため、その影響下にある毛根はヘアサイクルを不正に乱され、本来はもっと成長できるはずなのに成長途中で脱毛を強いられます。

次の成長期にも脱毛シグナルの影響がありますから成長期が次第に短くなり、退行期が長くなることでどんどんと髪の毛の成長機会は奪われていきます。

こうして次第に毛根は死へと向かい、少しずつ薄毛が進行していくのです。

DHTの影響は後頭部や側頭部の毛根には及びませんが、生え際や頭頂部、前頭部には顕著に影響が現れるため、AGAの進行はM字型、O字型、U字型など定型的なパターンが形成されるのです。

さてこのAGAの原因であるDHTは思春期以降に生産が始まるとされています。

思春期と言えば高校生あたりを指しますが、その点では20代でAGAを発症しても何ら不思議ではありません。

実際に20代でAGAの治療を受ける患者さんもいらっしゃいますから、薄毛の進行が明らかに認められる場合は病院で診察を受けてみると良いでしょう。

ただ、20代であればDHTの生産が始まるとってもその量はまだ少なく、治療が必要な程度の薄毛はそれほど多くないと思われます。

AGA由来の薄毛は一旦置いておいて、それ以外の原因を考えてみるのも有効かもしれません。

20代に多い薄毛の原因は?

20代という若い年代の薄毛や脱毛の原因になり得るものはいくつもあります。

若いゆえ知らず知らずのうちに体に負担をかける生活習慣となっていたり、不摂生が続けば必ず体は負の方向に反応を示します。

脱毛症状もその一つで、洗髪時の抜け毛や起床時の枕に付着した抜け毛などが気になりだしたら健康への危険信号を示すものかもしれません。

不規則な生活で正しい睡眠がとれない、インスタント食品やコンビニ弁当、外食が多くバランスの良い食生活が送れていない、酔っぱらって寝るため朝シャンが多く寝る前の頭皮環境が悪い、何らかの強いストレスを継続して抱えているなど、抜け毛を促進し薄毛につながる要因はたくさんあります。

細胞の新陳代謝が活発になる夜10時~夜中の2時付近にしっかりと睡眠がとれていないと毛髪が十分に成長できませんし、必要な栄養を取れなければ毛根は飢餓状態になり毛髪を成長させることができません。

また継続したストレスは血管を収縮させるため栄養が毛根に届きにくくなり、頭皮も固くなるため育成環境が悪くなります。

新社会人など環境がガラッと変わりストレスが増大する場合は特に注意が必要です。

さて、ではこういった抜け毛薄毛の原因にはどのような手当法があるでしょうか?

20代の薄毛の手当法は?

まず、変えられる生活上の悪習慣は変える努力をしなければなりません。

睡眠や食生活は努力次第で改善が可能でしょう。

寝る前にはぜひ頭皮を洗浄し、毛穴をクリーンにしてあげて、夜の育毛タイムに備えて下さい。

外的要因が大きいストレスはどうしようもない面もありますが、適度な運動などで自分に合ったストレス発散方法を試してみましょう。

そしてこれら原因の排除に努めることと同時に、市販品で結構ですので育毛剤を使ってみてください。

市販の育毛剤はAGAの主犯であるDHTには直接作用することはできませんが、毛根を刺激したり、毛細血管の血流を促進することで育毛効果を発揮してくれます。

ほとんどすべての製品に入っている血行促進成分はストレスによる血行不良に有効です。

マッサージによって固くなった頭皮も柔らかくすることができます。

本格的に進行し出したAGAでなければ市販の育毛剤も十分に手当手段となり得ます。

20代で薄毛に悩んだら相談先は?

上述の通り、ケースにもよりますが20代という若い年代であれば、AGAの治療をすぐに開始する必要性はさほど高くないこともあります。

とはいえ、「今すぐ薄毛を治したい」と思う場合の他、生活習慣を改善して市販の育毛剤を半年ほど続けても抜け毛が減らず、薄毛の進行が止まらないという場合はもしかしたらAGAが本格的に進行してきている可能性があります。

このような場合はやはり専門家である医師の助言を得るのがベターです。

医師を探す場合は一般の皮膚科よりも経験やノウハウが豊富な薄毛専門クリニックの医師に相談するのが良いでしょう。

多くのクリニックが初回カウンセリング無料で受け付けているので利用すると良いでしょう。



育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ