【急増】植毛手術によるトラブルの恐怖

育毛剤ランキング-口コミで分かるみんなが選ぶ育毛剤-

【急増】植毛手術によるトラブルの恐怖

transplant-hair

日本でも植毛専門クリニックなどが増えてきましたが、費用も高額となる為まだまだ「薄毛治療」というと投薬や育毛剤、頭皮ケアといった方法が一般的です。

一方アメリカでは、植毛大国と呼ばれる程薄毛治療において「植毛手術」はメジャーな治療法となっており、薄毛に悩む多くの人が植毛手術を行っています。しかし、この植毛手術にてトラブルが多発!大きな問題となっています。そして、そのトラブルの裏には、なんとも驚きの事実が隠されていたのです。

アメリカは世界第1位の自毛植毛国!

国際毛髪外科学会による調査の結果、アメリカは自毛植毛手術をした人の数が世界第1位でした。

これには、21歳までに25%の人が髪の毛が薄くなり始め、35歳までに65%の人が、そして50歳までにはなんと85%もの人が薄毛になり悩んでいるというアメリカ人男性の実態があるからなのだと思います。

アメリカの植毛

植毛には人工によって作られた毛髪を移植する「人工毛移植」と、自らの毛髪を移植する「自毛移植」の2つの方法がありますが、アメリカでは食品医薬品局が人工毛を有害器具に指定している為、使用が禁止されています。そのため、アメリカで行われている「植毛」は全て自毛によるものとなっています。

自毛移植であれば、人工毛移植と違い移植した場所でもすぐなじむ上、毛根ごと植えてあるので、抜けてもまた生えてくるという大きなメリットがあります。

アメリカでの「植毛手術」トラブル

自毛植毛は、後頭部と側頭部の毛の密度が濃い部分から毛根を1つ1つ切り取って、それを薄くなった部分に移植するという手術が行われます。

しかし、毛根を切り取る際に毛根の切り取り方を誤り、それによって毛根があった場所の髪の毛がなくなるだけでなく、移植先の髪の毛までもが生えてこないといったケースが後を絶たないそうです。さらに、植毛手術が原因で感染症を引き起こすケースも起きており大きな問題となっています。

アメリカの「植毛手術」トラブルに隠された驚きの真実

植毛手術を希望する患者が急増した事により、アメリカでは植毛医師が不足。しかし、一向に減ることなく増えるばかりの植毛患者に対応するため、なんと植毛に対する専門知識や経験が豊富でない医師が対応するケースが増えているというから驚きです!!

日本においてはこの様な事はそれほど心配いらないと思いますが、全くないとも言えないので、植毛手術を検討される場合には実績が豊富で信頼できる医師のもとで受けるのが賢明でしょう。



育毛剤の選び方

人気の塗る育毛剤

人気の飲む育毛剤

人気のシャンプー

人気のある記事

ページの先頭へ