サーバーデータ復旧backup

サーバーデータ復旧backup

調整サービス展開構成。マルチモード クラスターを実行している場合は、どのノードが調整サービス プロセスを実行しているかを文書化します。ノードのプロセス構成を表示するには、tsm topology list-nodes -v を実行します。

ビジネスにおいて情報は資産です。ファイルサーバーに保存されているデータには重要な情報も含まれており、間違って削除した場合には大きな損失につながる恐れがあります。万が一のときのために削除したファイルの復元方法を知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。

以前サーバーが次の機能で構成されていた場合は、復元したサーバーでそれらを再び有効にし構成する必要があります。

最初のノードから、調整サービス アンサンブルの展開。アンサンブル構成は、以前の構成と一致する必要があります。

サーバー内に保管されたデータは、操作ミスや自然災害、機器の故障など、さまざまな理由で消えてしまう恐れがあります。データ消去による被害を最小限に抑えるためには、事前にバックアップを取っておくことが重要です。
万が一データが消えてしまっても、バックアップがあればスムーズに復元作業を行えます。また、特に重要なフォルダにはアクセス制限を行い、操作ミスによるデータ消去のリスクを小さくすることも有効です。

設定にもよりますが、個人のパソコン内のストレージに保存されているデータは、誤って消してしまっても一度ごみ箱フォルダに格納されます。ごみ箱フォルダを空にする操作さえ行わなければ、すぐに復元することが可能です。しかし、ファイルサーバーやNASなど、複数人で共有しているストレージのデータを削除した場合は、ごみ箱フォルダには入らずにそのまま消えてしまいます。データを復元する方法はありますが、100%復元できるとは限りません。
データが消えてしまった理由や、その後の行動次第では、復元できないこともあるため、サーバー内のデータの取り扱いには注意が必要です。

稼働中のサーバーと同じタイプのアイデンティティ ストアを持つバックアップからのみ復元可能です。たとえば、ローカル認証を使用しているサーバーからのバックアップは、ローカル認証で初期化された Tableau Server に復元可能ですが、Active Directory 認証を使用しているサーバーからのバックアップは、ローカル認証で初期化されたサーバーには復元できません。

tabcmd reencryptextracts を実行して、特定のサイトで抽出を再暗号化します。詳細については、reencryptextractsを参照してください。暗号化された抽出を保存するすべてのサイトでこのコマンドを実行してください。サイト上の暗号化された抽出の数によっては、この操作によってサーバーの処理負荷が大幅に大きくなる可能性もあります。業務時間外にこの操作を実行することを検討してください。

ファイルサーバーのデータをうっかり削除してしまった場合には、OSのバックアップ機能や復旧ソフトを使って復元できます。しかし、こまめにバックアップをしていなかった場合や本体ドライブのダメージが大きい場合などには復元率が下がります。

Tableau ServerWindows でネットワーク ドライブにバックアップする場合、マシンアカウントは、バックアップ ファイルが書き込まれるネットワーク共有への書き込みアクセス権を持っている必要があります (これは通常は当てはまらず、サーバーをネットワーク共有にバックアップする場合は、これを構成する必要があります)。

1.NASやサーバーにアクセスできない
エラーメッセージが表示されている・ランプが赤点灯や赤点滅になっている・NASにアクセスができないといったトラブルが生じている時にはサーバーやNAS本体の故障やRAIDを構築しているHDDに障害が発生していることも推測されます。特にHDDの故障が少しでも疑われる場合には注意が必要になります。通電を続ける・電源の入り切りや再起動の繰り返しを行うだけでも状態はすぐに重篤化してしまいます。少しでも困ったらプロの復元会社に連絡を入れることから始めましょう。

コンピューターウイルスが原因でデータを失ってしまう場合もあります。パソコンだけでなくファイルサーバーのデータを暗号化してアクセス不能にし、復元するために身代金を要求するランサムウェアも存在しているので注意しましょう。身代金を払ったとしても復旧できる保証はなく、最悪の場合、暗号化されたまま使用不可能となってしまいます。

内部サーバー シークレットおよびリポジトリ パスワードは、エクスポートされない暗号関連の構成です。しかし、構成値を文書化する必要はありません。新規インスタンスを初期化するときに、新しいシークレットが、復元プロセスの一部として作成されます。

構成およびトポロジ データ: サーバーを完全に復旧するために必要なサーバー構成情報の殆どが含まれます。SMTP、アラート、一部の認証アセットはすべて、バックアップのためにエクスポートできる構成データの例です。トポロジ データは単一サーバーおよび複数ノード両方の展開で Tableau Server プロセスを構成する方法を定義します。構成およびトポロジ データは tsm settings export コマンドでバックアップされます。

「うっかりミス」でデータを削除してしまった場合には、OSにあるバックアップ機能や復旧ソフトを利用するなどなど、いくつかの方法でデータの復元が可能です。しかし、他の理由でファイルサーバーのデータが消失するケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です