サーバーのデータ復旧実績が豊富で完全成功報酬を採用

サーバーのデータ復旧実績が豊富で完全成功報酬を採用

サーバーにインストールして利用しているソフトウェアそのものの不具合「バグ」によってサーバー障害が起きることがあります。

サーバーをオンプレミスからクラウドに移行する企業も増えてきています。クラウドサービスを利用すれば、サーバー自体の管理はサービスを提供している事業者が行ってくれるため、サーバーの管理をする必要がなくなります。ただし、長期利用や大規模利用の場合はコスト負担が大きくなるため、適材適所でのサーバー利用を検討しましょう。

ハードディスクや部品の老朽化や、長時間高負荷で稼働させ続けることなどによる故障により、サーバーを構成するハードディスクや部品が故障して障害が起きることがあります。

サーバーの処理能力を超えるアクセスが集中してしまうと、サーバーはリクエスト処理が追いつかず動作が遅くなったり、機能が一時的に停止してしまったりします。

会社のサーバーは社員の業務に直結することが多いため、メール送受信ができない、サーバーを用いた各種業務が使えない事態となれば、生産性低下を招きます。

当サイトが特におすすめするデータ復旧業社はA1データ・アドバンスデザインの2社。
サーバーのデータ復旧実績が豊富で完全成功報酬を採用。実際の利用者の口コミや評判も良好です。

データベースの同期作業については、「正常なサーバーより、データベースの内容をコピーする方法」を参照して下さい。

「サーバーのデータの復旧率をできるだけ高めたい」「すぐにデータを復旧させたい」という方は、初めからデータ復旧業社に依頼することをおすすめします。

サーバーも1つの機械であるため、物理的に故障してしまう場合があります。サーバーの故障のほとんどはハードウェア障害が原因です。ハードウェア障害によって、サーバが停止してしまうとデータが失われる危険があります。

・自然災害の場合:事業継続が困難に 地震、水害、落雷等の自然災害によって、電力設備、水道設備、コンピュータ施設の損壊などが起こるケースがあります。日本は地震大国でもあり、最近では特に台風などの大規模な自然災害が多発しているため、こうした環境要因によるサーバー障害には事前の対策が必須です。

サーバー障害を未然に防ぐ対策としては、主に次の方法があります。

地震や水害、落雷等の自然災害が生じると、電力や水道、コンピュータ施設の損壊により、サーバー障害が起こり得ます。

サーバー障害は、自社に大きな損失をもたらす事態です。 サーバーが正常に動かなければ、自社サービスを維持することも、システムを動かくこともできなくなってしまうからです。

デジテラスはサーバーに障害が起こらないよう24時間体制で監視するだけでなく、障害が発生したら迅速に復旧を行います。 監視から復旧まで行う「デジテラス」を導入すれば、もうサーバー障害に頭を抱える必要はなくなりますよ。

サーバー障害は、企業の正常な活動を妨げ、場合によっては大きな損失をもたらします。 そのため、サーバー障害は、可能な限り早急な復旧と対処がカギになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です