サーバーをデータを復旧

サーバーをデータを復旧

自然災害によりオフィスに被害が出た場合でも、クラウド上にデータを保存しているため消失する心配がありません。ただし、どのクラウドサービスを利用するか決定する際には慎重な吟味が必要です。安全性と使いやすさをきちんと確認しましょう。

そこで今回は、サーバーがトラブルを起こす原因や症状・復旧方法を紹介します。

サーバーは物理的な障害を受けられた場合、その中のデータが消えてしまった可能性もあります。

故障などでWindows サーバーに保存されているデータが消えてしまったことがありますか。Yahoo!知恵袋を利用したところで、以上のように、サーバーデータの消去に悩んでいる方々が少なくないと気付きました。サーバーにデータをアップロードすれば、データの受け渡し、共有、管理などがすごく便利なので、ビジネス会社、企業などによく使われています。

ファイルサーバーからデータが消失する原因は、「うっかりミス」から自然災害まで実にさまざまです。データを保護するクラウドサービスを上手に利用することで、データ消失リスクを軽減できます。そこでおすすめなのが、イッツコムの「box」です。「box」はクラウド型コンテンツマネジメントツールで、多くの政府機関や機密情報を扱う企業で使用されています。その特徴を見てみましょう。

RAIDサーバーやNASの記録メディアはHDDやSSDが採用されています。これらの記憶装置はメーカーが構築した「ファームウェア」という基礎システムによって動作します。ファームウェアはHDDの起動や動作において根本的な役割を担い、異常が発生するとHDDは正常に動作しなくなります。ファームウェアの構成情報はメーカー機密であるため、障害が発生すると対処が難しいものとなります。データ復旧センターでは独自の解析技術によりファームウェア修復によるデータ復旧を実現します。

ビジネスにおいて情報は資産です。ファイルサーバーに保存されているデータには重要な情報も含まれており、間違って削除した場合には大きな損失につながる恐れがあります。万が一のときのために削除したファイルの復元方法を知っておきたいという方もいるのではないでしょうか。

サーバーがウイルスに攻撃されたら、保存されているデータもウイルス感染になって、読み出されない可能性が高いです。

サーバーに関する障害・故障が起きた際のデータ復旧として、最も確実かつ成功率が高い方法が、データの復元・復旧を専門とするデータ復元業者に依頼することです。

Aiseesoft サーバーデータ復旧はパソコン、サーバーのクラッシュ、ウイルス感染、ハードディスクのフォーマット、USBメモリーの不具合、ユーザー自分の誤削除、誤操作などの故障で消えたデータを復元してくれるサードパーティソフトウェアなので、おすすめします。特に、「フィルタ」機能と「プレビュー」機能を内蔵しているので、より高速かつ正確にご希望のサーバーデータを復旧できます。

復元できる可能性もありますが、100%とはいえません。データ消失の原因やデータ消失後のアクション次第では、復元できないケースもあります。ファイルサーバーのデータは特に注意して取り扱わなければならないことを覚えておきましょう。

一部サーバーでは、エラーが起きた際、本体のディスプレイに故障内容のメッセージを表示する機能があります。例えば、このようなメッセージが表示される場合、ある程度障害を切り分けられます。

「サーバーの中のデータファイルの復元について。会社でサーバー上にあるデータファイルを間違えて消してしまったのですが、復元不可能でしょうか?何か良い方法があれば、教えてください。宜しくお願いします。」

ファイルサーバー内にあるのは、日常業務で使用し積み重なっていく膨大なデータ、一部の社員しか利用しない機密性の高いデータなど、それぞれ重要度が異なることが一般的です。データの重要度に応じてアクセス制限をかけておけば、不用意に重要なデータを消失してしまうリスクを軽減できるでしょう。

サーバーが故障した際の注意点を解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です