データー復旧レキサーメディア

データー復旧レキサーメディア

フォーマット形式が適切な場合には論理障害が発生している可能性が高いため、復元ソフトやデータ復旧業者に依頼しましょう。

ステップ2.ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、メモリカードを全体的にスキャンします。スキャン途中でデータのプレビューと検索ができます。

ステップ3.データのリストから復元したいデータを選択して、「今すぐ復元」をクリックしたら、選択したデータが復元されます。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

例えば、アダプタ部分で曲がった・折れた場合には、保存しているデータへの影響は少ないですが、データを保存しているメモリチップや基盤の部分で折れたり曲がった場合には、データが取り出せない可能性が高くなってしまいます。

USBが折れた・壊れた場合には、折れた部分によってはデータが復元できる可能性があります。

ただし、コマンドプロンプトの操作を誤ると、データが取り出せなくなる可能性があります。自力で復旧作業をするのが不安な方はなるべく対処せず、そのままの状態で専門業者に相談するのが一番確実です。

依頼されたUSBメモリの復元ができなかった場合、費用を請求しない成功報酬制を採用している専門業者もあります。また復元できるかどうかの調査だけ無料で依頼できる業者もあります。実際にデータ復元できた場合にのみ費用を支払えば良いので、依頼者にとってはとても親切な業者と言えるでしょう。

個人情報保護法よりも対象とする情報の範囲が広く、国際的に統一された規格なので、ISO27001/ISMSの認証を取得している企業であれば、大切なデータを預けても安心です。

技術力や復旧率が低い業者ほど、「復旧に失敗したら0円(完全成果報酬)」や「定額制で安心」といったように価格の安さを売りにしている業者には要注意です。完全成功報酬制の業者や、安価で復旧を請け負う業者は、市販の復元ソフトでもできるような軽度な復旧作業を対象としていることが多く、対応できる症状の幅も限られることがあります。少なくとも確実にデータ復旧を行うには、業者選びの際はプラン面で注意しておきましょう。

注意: さらに、このシンプルなユーザーインターフェイスを使用して、最新バージョンのWindowsおよびMacオペレーティングシステムと互換性のあるフォーマット済み、再フォーマット済み、破損済み、またはアクセスできないLexar USBフラッシュドライブから、写真、ビデオ、オーディオなどの削除または失われたデータを取り戻すことができます。

データ復元ソフトを使用する場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

つまり、自力でも対処できるよう、復元ソフトを利用した低コストで簡易的な作業のみ対応していると考えられるため、確実にデータを復旧したい場合、一律料金の業者は注意が必要です。障害が重度の場合には、依頼してもそもそも受け付けてもらえない・外注費用を請求される・誤った処置により機器の状態が悪化するリスクも高いです。

ただ、データ復旧は対象となる機器や障害の状態、症状、必要な設備、知識、技術など非常に幅広いため、業者によって対応できる範囲や技術の高さなどが異なります。中には技術力に乏しい業者も存在するため、データ復元業者に依頼する場合は、実績や復旧率などの技術レベルを確認してから依頼しましょう。

実際にデータ復旧業者を利用したユーザーの口コミを見ると、「定額一律料金をうたいながら、実際は高額な見積もりや追加請求が来る」という失敗談が確認されています。あくまでも一律の料金表は目安でしかなく、実際に依頼したら高額な追加費用が請求されるという仕組みです。しかし、利用者からすれば事前にそのようなことが分かるわけはなく、いささか不親切にも感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です