サーバのデータの修復

サーバのデータの修復

部品の現存する製品であれば、メーカーに問い合わせをすることで修理対応を行ってもらえる可能性があります。
部品が故障している場合は故障部品の交換や修理により、サーバー機が修復できる場合があります。

エラーメッセージが出る、異音がする…など、RAID・NASサーバのデータ救出は症状により原因と解決方法が異なります。自ら誤った修理方法を試みてしまうと、その後のデータ復旧作業が困難になってしまうこともあります。

サーバーの使用を停止するか用途を変更することを計画している場合は、すべてのデータを削除するよう選択してください。 システム ボリューム上のサーバー構成、他の設定、およびデータに加えて、その他すべてのデータも削除され、サーバーのすべてのハード ドライブが再フォーマットされます。

従系サーバを主系サーバに変更します。

大人数が一斉にサーバーへアクセスすることで、サーバ本体の処理が追い付かずにシステムがダウンすることがあります。

NAS・サーバー上でエラーメッセージが表示される場合、複数の原因が考えられます。たとえば、「NASのファームウェアが壊れている」または「HDD/SSD自体が物理的に破損している」もしくは「筐体不良」など様々です。このように、エラーメッセージから、すぐに原因を特定するのは困難で、自力での対応はリスクになる可能性が高いため、注意しましょう。
またBUFFALLO製NAS・サーバー(Link Station / Tera Station)では、「EMモード」または「EMERGENCY MODE NO ARRAY INFO」というエラーが、管理ソフトや液晶のディスプレイに表示されます。この際、製品のファームウェアをアップデートすることにより、問題が改善される場合がありますが、障害が発生した NASに操作を加えると、最悪の場合、データ面を損傷させる恐れがあるので、何度も繰り返すのは控えて、試行回数は1回程度に抑えておきましょう。

Aiseesoft サーバーデータ復旧はパソコン、サーバーのクラッシュ、ウイルス感染、ハードディスクのフォーマット、USBメモリーの不具合、ユーザー自分の誤削除、誤操作などの故障で消えたデータを復元してくれるサードパーティソフトウェアなので、おすすめします。特に、「フィルタ」機能と「プレビュー」機能を内蔵しているので、より高速かつ正確にご希望のサーバーデータを復旧できます。

「うっかりミス」でデータを削除してしまった場合には、OSにあるバックアップ機能や復旧ソフトを利用するなどなど、いくつかの方法でデータの復元が可能です。しかし、他の理由でファイルサーバーのデータが消失するケースもあります。

NAS・サーバーの自分でできる復旧方法は以下の通りです。

障害が発生しやすいサイバー攻撃は【Dos攻撃】と呼ばれるものです。
【Dos攻撃】は、外部から大量のトラフィックを発生させることによってサーバに負荷をかけ、システムをダウンさせる方法です。
ウイルス侵入の危険性もあるため、十分なセキュリティ対策を行うことが推奨されます。

復元のソースとなるバックアップがない場合、または他の何らかの理由で、以前のサーバー構成を復元するのではなくシステム全体の復元の実行が望まれる、または要求される場合は、サーバーを出荷時の既定の設定に戻す復元を実行できます。このためには、サーバーのハードウェア製造元から提供されているインストール メディアまたは回復メディアを使用します。

サーバーは物理的な障害を受けられた場合、その中のデータが消えてしまった可能性もあります。

弊社 株式会社リプラスのデータ復旧サービス「特急データ復旧Win-Get!」では、サーバー機のデータ復旧実績も数多くございます。
いずれもデータ復旧に成功し、大変お喜び頂いております。

修理対応ができず、データを取り出したいという時はデータ復旧サービスを展開する専門業者に復旧対応を依頼することをオススメします。

サーバーには常に会社の重要な情報やデータが保存されています。通常、サーバーで上のデータ消失が起こったら、深刻な問題が引き起こされます。特に、共有サーバーでファイルがうっかり削除したら、大変なことになりました。Windows Serverでデータの紛失原因といえば、誤削除は一番見られる原因でしょう。しかし、十分に注意を払って誤削除を完全に避けても、データ紛失問題をなくすことができせん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です