サーバデータ 復旧 料金

サーバデータ 復旧 料金

業者に依頼する前に、料金形態とシステムがどのようになっているかを確認しておきましょう。

デジタルデータリカバリーでは、365日24時間電話受付を行っており、突然の故障にも対応可能です。復旧スピードもかなり早く、依頼の約80%が48時間以内に復旧しているようです。

また、使用しているデータ復旧機器は世界最高峰のマシンであるPC-3000であり、官公庁や警察庁で導入されているほど信頼性・機能性が高いマシンです。

データ・サーバー復旧など、データ領域全般では日本でもトップクラスの実績を誇っており、BUFFALOのメーカー修理や、データ復旧サービスも全てアドバンスデザインが運営しています。RAIDやNASなどの技術力が求められる案件も多く引き受けています。

料金システムの違いによって費用に違いが出る場合があります。主な料金形態は一律料金制・完全成功報酬制・成功報酬制の三つに分けられ、料金形態によって見積もりの算出方法が異なります。

ただし、復旧作業を間違うと、復旧できるはずのデータが復旧不可能になってしまう事も十分あり得ます。
もし、とても大切なデータで、失敗の許されない場合は、データサービス会社へ依頼する事をおすすめします。

症状によって大きく料金が離れているのは、破損状況に応じて難易度が変わるためです。
ただし、掲示板などで情報を見ると、よほど状態が悪い場合でもない限り数十万円の見積もりは出ません。大抵は高くても10万円以内に収まるとでしょう。

物理障害復旧料金・・・四万円~数十万円
物理障害については、物理障害とは?で解説しています。

『PCエコサービス』の魅力は、何と言っても成果報酬型かつ39,800円という一律料金。

ほかのサービス業者さんで50万円ほど掛かると言われたのでアイミツしてみたら、こちらでは28万で復旧できるとのこと。費用も抑えれて、納得のいく対応でとても満足しています。

重度物理障害の場合、他の業者では40万円以上の復旧費用を請求されることも少なくないのですが、ライブデータでは275,000円までと決まっています。

また、上場企業や官公庁からの依頼実績があるかどうかもデータ復旧業者の信頼性を判断する上で重要なポイントとなります。

基本的には前払いの業者は避け、復旧が完了してから料金を支払う成功報酬制の業者に依頼するようにしましょう。

データ復旧業者を選ぶポイントは以下のようなものがあります。

データがいつ手元に戻るのかは、機器の診断の際にきちんと確認しておきましょう。追加料金で特急サービスを行なってくれる業者もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です