サービスサーバー復旧

サービスサーバー復旧

Webサーバーやメールサーバーをはじめとするネットワークシステムを構築する際にはLAN・ネットワーク構成の見直しやセキュリティポリシーの設定そしてファイアウォールサーバーの設定やセキュリティホールの穴埋めなど、数多くのセキュリティ対策が必要です。

お客様のWebサーバーがリストにない場合、まずは03-6632-6270までお問い合わせください。

データが復旧できるかどうかは、正確な診断と障害内容の把握、症状にあった適切な復旧作業をできるかということであり、これはまさに経験です。復旧実績の一部を公開していますが、それ以外にも多数のRAIDサーバ復旧をご依頼いただき、復旧しています。

ネットワークを通して複数のユーザーが使用する「ホスティングサーバ」
(hostingserver/またはレンタルサーバー、ウェブサーバ)のファイルマネージャーといった
ディレクトリにデータファイルを保存していた際、誤ってフォルダーから削除したりサービスの終了などでデータを失ったら、後で復旧することはできる?という疑問について。

そのようなトラブルでいざという時に、破損したサーバーの機器と内部のデータを復旧をするためにはどのような対処方法を取ればいい?という疑問について。

Windows Server(ウィンドウズサーバ)がインストールされたコンピューターを使っている時に間違えてうっかり必要なファイルやシステムを削除してしまった時にはどうすればハードディスクドライブといったストレージから、データを復元することができる?という疑問について。

しかし注意点もあります。
1。修理の場合、データの保証ができない場合もあるため注意が必要です。
修理に出す前にサーバーの中に保存されているデータも元通りになるのか確認をしましょう。
最悪の場合ハードディスクが新品に交換されてしまい、バックアップが無ければ完全にデータを失うことになりかねません。

「うっかりミス」でデータを削除してしまった場合には、OSにあるバックアップ機能や復旧ソフトを利用するなどなど、いくつかの方法でデータの復元が可能です。しかし、他の理由でファイルサーバーのデータが消失するケースもあります。

Webサーバー喪失は、全ての企業にとって大きな障害となります。データ損失を素早く解決する為、私たちの経験豊富な技術者チームは昼夜を問わずサポートを行います。Webサーバーをサポートします。

インターネットのウェブサービスや管理コンピューターでもやはりどうしてもダウン障害と復旧対策の話題がよく出てくるのが、わかりやすい一例です。

「ご利用中のサービス」に、ご契約のサービスが一覧表示されますので、ステータス欄をご確認ください。

コンピューターウイルスが原因でデータを失ってしまう場合もあります。パソコンだけでなくファイルサーバーのデータを暗号化してアクセス不能にし、復元するために身代金を要求するランサムウェアも存在しているので注意しましょう。身代金を払ったとしても復旧できる保証はなく、最悪の場合、暗号化されたまま使用不可能となってしまいます。

まず基本としまして、対象のファイルサーバーにWindowsやmacOSのパソコンにもある「ゴミ箱」に当たる予備の機能が備わってるかどうかを確かめてください。

自然災害によりオフィスに被害が出た場合でも、クラウド上にデータを保存しているため消失する心配がありません。ただし、どのクラウドサービスを利用するか決定する際には慎重な吟味が必要です。安全性と使いやすさをきちんと確認しましょう。

またはエクスポート(Export)やインポート(Import)のツールなどがあればサービス先の機能を使って、一括でデータを保存したり復旧をする手法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です