外付け データ 復旧 サービス

外付け データ 復旧 サービス

外付けHDDからデータを復旧させるために、まず「データ復旧ソフト」を検討される方は多いでしょう。
業者に比べ手軽にデータの復元ができますが、ご自身で作業を行うため失敗してしまうリスクもあるためメリット・デメリットを確認し使用を検討しましょう。

8.外付けHDDにウィルス感染が疑われる時の復旧方法
外付けHDDが認識しない・アクセスができないなどのトラブルが起きた時にはウィルス感染が原因であることも少なくないものです。ウィルス感染が疑われる時には自分でセキュリティソフトを使い、感染チェックと駆除を行いましょう。ウィルスに感染してしまうと外付けHDD内のファイルが削除されてしまったり隠されてしまったりすることも起こりえます。

3.ファイルやフォルダを間違って消した・パーティションを誤削除した時の復旧方法/4.間違ってフォーマット(初期化)した場合の復旧方法/5.データを上書きした時の復旧方法
外付けHDD内のファイルやフォルダを削除した・フォーマットした・上書きした後にHDD内のデータを復旧したいと思った時にはHDDの使用を止めることが重要となります。

外付けHDDに何かしら症状やトラブルが発生した時には慌ててしまうことも多いものです。HDDに保存しているデータが大事・無くなったり取り出せなくなったりしたら困ると少しでも頭によぎった時には機器の使用を止めることから始めましょう。無闇に作業を進めたり復旧ソフトを試してしまったり、ケーブルの抜き差しや電源の入り切りを繰り返すだけでも取り返しのつかない状況に陥ってしまい、データが無くなってしまうことも起こりえるものです。症状が出た時に原因がわからない場合や早く安く外付けHDDからデータを復旧したい方はプロのデータ復旧サービス業者の無料相談を利用することを優先しましょう。プロのデータ復旧サービス業者に相談した方が不安もすぐに解消され、データも早く安く復旧されて戻ってくるものです。データ復旧の業者選びで悩んだ時にはサービス内容や技術力などをチェックしましょう。アドバンスドテクノロジーはAI技術や独自技術を持っており、高度な技術力で復旧、復元作業を行っているからこそ早い対応と費用を抑えたデータ復旧を可能としています。HDDやNAS、SSD、パソコンなど様々な記録媒体に対して多くの復旧実績もあり安心です。困った時に親身に対応してくれるので、まずは無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

PC本体やUSB外付けHDDから内蔵ディスクを取り外す場合、本体のメーカー保証が切れてしまう場合がありますので、保証期間や範囲をよくご確認のうえ、作業を行ってください。また、ディスクの管理で認識しない場合や異音が聞こえる場合はすぐに電源を切って、復旧天使までご相談ください。

5.ケーブルは元々付属していたものを使う
ケーブルが増えると挿し間違えてしまい、外付けHDDをショートさせてしまう事や認識しない等のトラブルを引き起こしてしまう事も多く起こりえるものです。ケーブルは元々、製品を購入した際に付属していたものを使いましょう。また、ケーブルを交換したいと思った時には純正品を選ぶようにした方が良いものです。純正品では無いケーブルを使った際には思わぬトラブルの発生に繋がってしまう事もありえます。

↓Macが外付けHDDを認識しない状況になった時はこちらも参照ください。

3.Macを再起動する
Macで使っている外付けHDDに症状が発生した時にはMac自体を再起動してみることで状況が改善される・復旧されることもあります。しかしながら、何度も試してはいけません。Macに接続した外付けHDDが認識しないなど、トラブルが起きている時には深刻な不具合が生じていることも多く、再起動など、簡単にできることを繰り返す事で取り返しのつかない状況に陥ってしまうことも多く起こりえるものです。

・データが未割り当て領域に認識された外付けHDDの復旧を自分で行う手順は
外付けHDD内のデータが未割り当て領域として認識されてしまった際には、パーティションの不具合を解消することで問題が解決される・復旧できることがあります。

・ファイルシステムの損傷やプログラムファイルの破損
外付けHDDなどの記録媒体は起動時やデータの読み込みを行う際には常に何かしらのデータの書き込みが行われるものです。外付けHDDをパソコンから取り外す時に安全な取り外しができなかった場合や突然、パソコンの電源が落ちた・急にシャットダウンした・停電が起きた事によってデータの書き込みが正常に終了しないとファイルシステム(管理情報部分)やプログラムファイルが破損したり異常が生じてしまったりすることがあります。ファイルシステムやプログラムファイルが破損するとデータにアクセスができない・HDD内のファイルやフォルダが開かないといった症状を引き起こすこともあり、そのような場合にケーブルの抜き差しや電源の入り切りや再起動を繰り返すだけでも状況が重篤化してしまうことも多いものです。早く安く確実に外付けHDDからデータを復旧したい方は、簡単にできるこれらの行為を繰り返さない様に注意しましょう。

PC本体の場合は内蔵ディスクの取り出し、外付けHDDの場合はモデル名から検索するか、内蔵ディスクを取り外して、ディスクの本数とRAIDの構成を確認します。単体の場合は「Standard」、複数本でRAIDを構成している場合は「Standard RAID」を使用します。

2.データが未割り当て領域として認識された際の復旧方法
データ容量が大きい外付けHDDをパソコンに接続した時にはHDD内のデータが未割り当て領域として認識されてしまうことがあります。

外付けHDDが認識しない・電源が入らないといったトラブルは多く起こりえるものです。パソコンに接続しても外付けHDDが認識しないといった症状が生じた時にはケーブルの抜き差しや電源の入り切りなど、簡単にできる操作はすぐに試してしまうかもしれません。しかしながら、外付けHDDが認識できない・データの読み込みができない場合には物理障害が生じている事がほとんどで、ケーブルの抜き差しや電源の入り切り、再起動を繰り返すだけでも状態が重篤化してしまう事が多いため注意が必要となります。ケーブルを繋いだまま・外付けHDDをPCに接続したままの状態にしてしまうと通電が起こり、自分で作業や操作を行っていなくともパソコンやHDDが動作してしまい、データが保存されているプラッタに傷や溝を作ってしまうこともあります。1から6の手順を進めることで復旧できる見込みもある一方で希望する結果とは逆の結果になってしまうことも少なくありません。不安な方やデータが大事な方・失敗したくない・早く問題を解決したい・復旧費用を抑えたい方は試す前にプロのデータ復旧会社に連絡することを優先しましょう。外付けHDDは精密機器の1つで簡単にできることを安易に進めてしまったせいで復旧ができないばかりか取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も多く起こりえるものです。
3.カチカチ、カタカタ等の異音がする際の復旧方法/4.落下・落としてから外付けHDDが読み込まない時の復旧方法/5.水没・水濡れしたら反応しなくなった場合の復旧方法/6.焦げ臭い・異臭がする際の復旧方法3から6のような症状やトラブルが起きた時には自分で外付けHDDのデータ復旧を行うことは難しい状況と言えます。これらの問題が起きた時にはほとんどの場合、HDD本体や内部部品が故障している・物理障害が発生しているため、操作や作業を止めないとデータが永遠に失われてしまう危険性が高まります。電源を入れているだけでも状態が重篤化してしまうため、1秒でも早く電源を切る・パソコンから取り外すことが重要となります。

アドバンスドテクノロジーでは、メーカー・機種を問わず、外付けHDDの様々なトラブルに対して費用を抑えたデータ復旧が可能です。

・外付けHDD内のファイルやフォルダを間違って削除した時には
外付けHDDから間違ってデータを消した・ファイルやフォルダを誤削除した場合には、作業やPC操作は一旦中断し、外付けHDDをPCから取り外すことから始めましょう。ファイルやフォルダを削除した際にはそのデータは見えない状態となりますが、完全には消えておらずデータは上書きされるまで残っているものです。
・パーティションを誤削除した時は
誤って外付けHDD内のパーティションを削除してしまった時も手を止めることが重要です。慌てて自分でどうにかして復旧しようとパーティションの再作成を行ってしまうと復旧可能だったものが復旧不可能な状況に陥ってしまう事も多く起こりえるものです。慌ててパーティションを再作成しないように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です