サーバー復旧 バッファロー

サーバー復旧 バッファロー

2022年7月より、テレビ録画用ハードディスク(外付けHDD)・外付けSSDを対象とした、テレビ録画復旧サービスを開始しました。大事な録画番組が再生できなくなってしまった方は、当社までご相談ください。
復旧後はご自宅を訪問し、元のテレビまたはレコーダーに接続して再生確認を行いますので、デジタル機器に詳しくない方でも安心してご利用いただけます。

バッファローの製品であれば保証期間内に生じた軽度の論理障害は、無料で復旧作業を行ってもらうことが可能です。また、バッファローの製品であれば保証期間外であっても、データ復旧作業料は論理障害・物理障害ともに、他社製品よりも安い値段で作業を行ってもらうことができます。

また、バッファロー製品であれば復旧作業コストが低くなることや、人為的なミスにより削除されたデータの復旧を低価格で行ってもらえるなど、コストを抑えやすいプランもあります。

データ復旧のスペシャリストが責任を持って作業を行ってくれるので、安心して依頼することができるデータ復旧サービスとなっています。パソコンのデータ復旧に関しては、バッファローのグループ会社であるアドバンスデザインにて作業を行ってもらうこととなります。

バッファローデータ復旧サービスセンターは、復旧作業を依頼するデバイスの直接持ち込みまたは郵送に対応しています。持ち込みや郵送は、全国4拠点(東京・名古屋・大阪・福岡)で受付対応をしてもらうことが可能です。

デバイス到着後即日で診断結果の提示と見積もりを出し、最短1日で作業を完了してもらうことができる、スピード感のあるサービスを提供しています。

また、作業料は成果報酬型であり、復旧作業後に復旧が不可能であった場合は作業料が無料となります。復旧ができなかった場合のデバイスの返送料も、バッファローの負担となります。

当社のデータ復旧サービスは、お客様に安心してご利用いただけるよう、3段階の障害レベルを設定し、一律固定料金制にてご注文を承っています。必ず事前にメディアの診断を行い、障害レベルとお見積もりをご提示し、ご納得いただいてから作業を行います。診断・お見積りは無料で、お見積り後に作業を行わない場合もキャンセル料はいただきません。復旧用のメディアの代金も固定料金に含まれており、作業後に追加料金が発生する心配がありません。

2022年7月より開始された「テレビ録画復旧サービス」では、テレビの録画用ハードディスクの障害に対応し復旧作業を行ってもらうことができます。

バッファローのデータ復旧サービスは「一律固定料金制」。記録メディアの種類と障害レベルで価格が決まり、追加料金が発生しないので安心です。

バッファローのデータ復旧サービスでは、お預かりした製品を修理して、修理品にデータを戻したり、先にデータ復旧を行って、あとから修理するといったことができます。
また、古い機種の場合には、最新の同等または上位、高容量の機種をお選びいただいて、復旧データを入れて納品するオプションを選択できます。

バッファローでは、TeraStation/LinkStationの商品開発で培った技術とノウハウを活かし、ご安心・ご納得いただけるデータ復旧サービスを提供しています。

復旧データは、バッファローデータ復旧サービスセンターで用意した外付けHDD/SSDまたはUSBメモリー等の納品メディアに保存して納品されるそうです。納品メディアの料金は復旧料金に含まれるようです。

そんなバッファローデータ復旧サービスセンターが気になる方は、電話もしくは公式ホームページのメールフォームから気軽に問い合わせてみましょう。

バッファローデータ復旧サービスセンターでは相談から初期診断、見積もりまでを無料で行ってもらうことが可能であり、さらに見積もり後のキャンセル料金も無料となっています。診断してもらった記録メディアの返送料も負担してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です