外付けハードデータ復旧サービス

外付けハードデータ復旧サービス

1.Macに対応したデータ復元ソフトを探す
Macに接続した外付けHDDのデータ復旧を行いたいと思った時にはMacに対応したデータ復元ソフトを探す必要が出てきます。しかしながら、Macに対応した復元ソフトは流通している数がWindowsと比べて圧倒的に少ないため注意しましょう。復旧ソフトはOSに対応していなければ使うことができません。macOSに対応している復旧ソフトもありますが、Windowsの時と同様、1.データ復元ソフトの機能、スキャンをかけることで状況が悪化する/2.データ復元ソフトを使っても希望するファイルやフォルダが復旧されないことが多い・データの上書きが進むことも少なくないなどデメリット部分は共通しています。復元ソフトを使用しなければ早く安く復旧できたものが復旧不可能な状態に陥ってしまうことも多く起こりえるため、どうしても復元ソフトを使いたいと思った時には試す前にプロのデータ復旧業者に相談した方が後悔せずに済むものです。

2.ソフトをPCにインストールする
外付けHDDに対応しているデータ復元ソフトが見つかったらダウンロードを行い、パソコンにインストールすることから始めましょう。データ復旧用のソフトをインストールするだけでもデータが上書きされてしまうこともあるため、早く安く確実にデータを復旧したい・失敗したくない方はここで思い留まった方が後悔する結果に繋がることを防げます。

3.外付けHDDに物理障害が発生している物理障害とは、外付けHDD自体が物理的、機械的に故障した・HDD内の部品が損傷したことによって引き起こされる障害のことを指します。外付けHDDは多くの部品で構成されており、部品の損傷や不具合が少しでも発生すると物理障害が生じてしまうことが多いものです。外付けHDDは消耗品の1つで経年劣化やHDDの寿命によって物理障害が生じることも少なくありません。物理障害が発生している外付けHDDからデータ復旧を行いたい場合には、1.高度な技術力2.深い専門知識3.互換性のある部品の調達4.クリーンルームなどの専用環境の4つに加え、経験値や判断力も必須となるものです。

3.Macを再起動する
Macで使っている外付けHDDに症状が発生した時にはMac自体を再起動してみることで状況が改善される・復旧されることもあります。しかしながら、何度も試してはいけません。Macに接続した外付けHDDが認識しないなど、トラブルが起きている時には深刻な不具合が生じていることも多く、再起動など、簡単にできることを繰り返す事で取り返しのつかない状況に陥ってしまうことも多く起こりえるものです。

↓外付けHDDが認識しない状況でお困りの方はこちらも参照ください。

HDDではなくSSDが入っているパソコンの場合、SSDにブートファイルも格納されているため、SSDに不具合が出るとOSが立ち上がらないという事態に陥ります。外付けHDDがあるように外付けSSD(シリコンディスク)もあり、衝撃による故障に強く、コンパクトで持ち運びに便利であることが特長です。

電源ランプがついているにも関わらず動作しない場合は、外付けHDDに物理障害が発生していることが考えらえます。この場合、通電し続けることで状態が悪化する可能性があるため、すぐに通電をやめましょう。

外付けHDDに何かしら症状やトラブルが発生した時には慌ててしまうことも多いものです。HDDに保存しているデータが大事・無くなったり取り出せなくなったりしたら困ると少しでも頭によぎった時には機器の使用を止めることから始めましょう。無闇に作業を進めたり復旧ソフトを試してしまったり、ケーブルの抜き差しや電源の入り切りを繰り返すだけでも取り返しのつかない状況に陥ってしまい、データが無くなってしまうことも起こりえるものです。症状が出た時に原因がわからない場合や早く安く外付けHDDからデータを復旧したい方はプロのデータ復旧サービス業者の無料相談を利用することを優先しましょう。プロのデータ復旧サービス業者に相談した方が不安もすぐに解消され、データも早く安く復旧されて戻ってくるものです。データ復旧の業者選びで悩んだ時にはサービス内容や技術力などをチェックしましょう。アドバンスドテクノロジーはAI技術や独自技術を持っており、高度な技術力で復旧、復元作業を行っているからこそ早い対応と費用を抑えたデータ復旧を可能としています。HDDやNAS、SSD、パソコンなど様々な記録媒体に対して多くの復旧実績もあり安心です。困った時に親身に対応してくれるので、まずは無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

PC本体やUSB外付けHDDから内蔵ディスクを取り外す場合、本体のメーカー保証が切れてしまう場合がありますので、保証期間や範囲をよくご確認のうえ、作業を行ってください。また、ディスクの管理で認識しない場合や異音が聞こえる場合はすぐに電源を切って、復旧天使までご相談ください。

6.エラーチェックを試す
外付けHDDをWindowsのパソコンに接続した際に不具合が出た場合には自分でHDDのエラーチェックを試してみることで問題の改善・データの復旧ができることがあります。しかしながら、Windowsのエラーチェックを使って外付けHDDのデータ復旧ができるのはHDDに軽度の論理障害のみが生じている場合に限定されるものです。HDDの障害の種類が不確定・よくわからない時には手を止めることを優先しましょう。安易に復旧・修復作業を進めると状況が重篤化してしまいます。

寿命が来た外付けHDDからでもデータ復旧できる?

外付けHDDのデータ復旧業者選びで確実に押さえておきたいポイントは次のとおりです。

・「CrystalDiskInfo」のソフトをダウンロードし、外付けHDDのチェックを行う「CrystalDiskInfo」というソフトを使った時にはHDDの状態は「正常」「異常」「注意」の三段階で表示されます。巡回冗長検査エラー(CRCエラー)が生じている際には「注意」で表示されることが多いものですが、そのままソフトの機能を使い続けることは危険なことが多く注意が必要です。外付けHDDに軽度な論理障害のみが生じている場合にはソフトの機能でエラーが解消されることもありますが、中度以上の論理障害や物理障害がHDDに発生していた時にはソフトを使う事で状態が重篤化してしまいます。症状が生じた外付けHDDの状態の確認をするだけでも状況の悪化を進めてしまうことも少なくない為、早くエラーを解消したい・費用を抑えて復旧したい方は作業を進める前にプロのデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。

2022年7月より、テレビ録画用ハードディスク(外付けHDD)・外付けSSDを対象とした、テレビ録画復旧サービスを開始しました。大事な録画番組が再生できなくなってしまった方は、当社までご相談ください。
復旧後はご自宅を訪問し、元のテレビまたはレコーダーに接続して再生確認を行いますので、デジタル機器に詳しくない方でも安心してご利用いただけます。

9.CRCエラーなどのエラーメッセージが表示された際の復旧方法
外付けHDDの使用中にエラーメッセージが表示された時には論理障害・物理障害のいずれか、もしくは両方が発生してしまっていることが多く注意が必要となります。特に「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)」が出た時には外付けHDD本体が故障している・物理障害が発生している事が多いものです。エラーメッセージが表示された際に安易に復元ソフトを使ってしまうとデータの復旧ができないばかりか復旧不可能な状況に陥ってしまうことも少なくありません。何かしらエラーメッセージが表示された際には余計な事をせずに専門のデータ復旧業者に連絡することを優先した方が後悔せずに済むものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です