サーバーデータ修復エクセル

サーバーデータ修復エクセル

定期的に、外付けハードディスクやRAID、NAS、クラウドストレージのサービスなどにデータをバックアップしておくと、物理的・システム的ともに後からいつでも破損した対象の写真画像や動画、テキスト、HTMLやPDFといったファイルを復旧できます。

コワークストレージは、「ITに詳しい人材がいない」「使える予算が限られている」といった悩みを持つ中小企業の方が、簡単かつ安価に利用できるオンラインストレージサービスです。

データ復旧サービスで、ハードディスクやメモリーカードから失ったデータを復元してもらう際に掛かる料金の見積もりとは、消えた拡張子の修復や、壊れて読み込みできないストレージからのファイルのサルベージの作業をしてもらう前に対象の電子機器の種類や容量、破損の状況といった点をチェックして、値段を計算してもらうプランの一つです。

「うっかりミス」でデータを削除してしまった場合には、OSにあるバックアップ機能や復旧ソフトを利用するなどなど、いくつかの方法でデータの復元が可能です。しかし、他の理由でファイルサーバーのデータが消失するケースもあります。

次に、外部のサーバーで共有しているデータファイルが壊れた時の理由と、復旧の仕方について。

ソフトウェアの不具合が原因でデータを消失するケースもあります。「強制終了など不完全なシャットダウンの後、サーバーが開かない」「落雷の後にデータが消失」「ファームウェアアップデートに失敗し、その後起動しない」といったケースです。

または、OneDrive(ワンドライブ)といったクラウドサービスに登録をしてそちらに特殊な専用フォルダーから、自動的にデータを送信してバックアップを取る方法も有効です。

Windows、Mac、Android、iOS を含むすべてのプラットフォームで動作します。すべてのファイルは当社のサーバーで処理されます。プラグインやソフトウェアのインストールは必要ありません。

ネットワーク上のサーバーでの操作のミスにより、共有ファイルやウェブサイトが壊れるトラブルが起きた場合にはたとえばホームページのレンタルサーバーのサービスでは、一日ごとにディレクトリのデータのバックアップが自動で行われていて、そちらのツールから復元できる見込みがあります。

ただし、この復元したいデータは、ファイル・システムには空き領域として認識されています。削除後、この領域が上書きされてしまえば、ファイルは復旧できません。復旧の可能性を高めるためには、上書きを防ぐ必要があります。復旧したいファイルの重要度にもよりますが、もし許されるなら、ファイル・サーバーをネットワークから切り離すとよいでしょう。また、Windowsの「エクスプローラ」のように、一時ファイルを生成するプログラムは起動してはいけません。

ファイルは 24 時間後にサーバーから削除され、この期間を過ぎるとダウンロード リンクは機能しなくなりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です