サーバーデータ 復旧 おすすめ

サーバーデータ 復旧 おすすめ

FAT12/FAT16/FAT32/NTFS ファイルシステムをサポートし、ハードディスク、フロッピーディスク、USB フラッシュドライブ、CF カード、SD カードなどのメディアから誤って削除してしまったファイルを復元できます。ワイルドカードを含めたフィルタにも対応。スキャン時間は非常に高速で、復旧確率の高いデータのみを検出します。

データ復旧・復元サービスとは「PCやHDDが故障した際に、そこからデータを救出するサービスのこと」をいいます。

スクラッチの復旧に独自技術を持つ同社の強みが発揮されたこの事例だが、部品の交換にあたっては同社が保有する7千台以上のドナーの中から互換性のあるヘッドを見つけ出して読み取りに使用するなど、縁の下で復旧作業を支えていたことも、見逃せないポイントと言えるだろう。

データ復旧を依頼する場合の注意点として、重度な故障の場合は業者でも復旧や復元ができない可能性があるということです。致命的なデータ障害や物理障害が起きている場合、どんなに高い技術を持つ業者に依頼してもすべてを復旧できないことがあります。

データ復旧率は規定に沿って正確に審査しなければHPなどに記載できないため、データ復旧率の高い業者ほど、技術力の高い業者であるといえます。

データ復元ソフトを使用しても良い前提条件がありますが、それは「削除したデータである」「フォーマットしたHDDである」「そのデータ復元ソフトを使用することで」確実にデータ復旧することができる確証を得ている時か、さまざまな選択肢を徹底的に調べた上で予算の関係でデータ復元ソフトに頼らざるを得ない時です。もちろん、いかなる状況であってもまずはデータ復旧業者の専門家に相談なさることをおすすめします。

あとから不明な料金が請求されることもあります。とくに多いのは成果報酬型と言いながらも、データ復旧ができなかったときに「作業工賃」「調査費」が請求されるケースです。

デジタルデータリカバリーは日本国内での売上No.1の実質データ復旧業者です。警視庁からの表彰実績があります。そして、データ復旧設備を30台以上保有しています。ただし、Google Mapに寄せられる口コミにはサービス利用を不安にさせてしまう評判が多く見られましたので、強くおすすめできるか判断できかねるので、3位としています。

また依頼後に費用が上がらないことを明確にしていることも、信頼できる業者を見極めるための重要なポイントです。そして万が一希望のデータを復旧できなかった場合に、無料で返却してくれる業者なら不満を感じることはありません。このように費用について明確で安心できる対応をしてくれるデータ復旧業者を見つけましょう。

誤って大事なファイルをごみ箱から削除してしまったり、パソコンの不具合によってデータを利用できなくなってしまった場合にデータ復元するソフトです。ドキュメント、画像、ビデオ、オーディオ、メールなどのデータのサルベージを行います。最初にクイックスキャンで素早く復旧可能なデータを探し、続けてディープスキャンにより時間をかけてデータを探索します。検出したデータはフォーマットごとにフォルダー分けされて見やすく整理されており、キーワードやパス検索により目的のファイルを探しやすくなっています。

「データが必要だが自身での作業が不安」という方は、「データ復旧サービス」に問い合わせましょう。

なぜHDDがさらに壊れてしまうかというと、データ復旧において最も重要な診断の作業内容を限定的にするためです。診断を正確に行わず、データ復旧確率の高い設備を壊れたパソコンの内蔵HDDに使用することによって壊れてしまいます。高額な設備なため一般的にネットで見つかるデータ復元ソフトなどとは比較できないほどに柔軟性が高く、データ復旧確率が高いです。

また、価格に関して気になる方は多いと思います。しかしながら、価格の安さだけを見てデータ復旧業者を決めるのはおすすめしません。技術力があまりないのに引き受けて復旧に失敗し、後から料金だけ高額請求してくるような業者も存在するため、気をつけましょう。技術力や実績などを見て、信頼できる業者を選びたいものです。

悪質な業者の場合は雑な対応をしてきたり、復旧の内容を細かく説明してくれなかったりと不安になる要素が多いはずです。そういった業者に依頼してしまうと、復旧できないばかりかデータを失ってしまう可能性もあるので避けたほうがいいでしょう。

『バッファロー』は、ハードディスク製造メーカーとして国内TOPシェアを持つ企業です。とくに自社製品のデータ復旧ではどこよりも強く、サポート体制も充実しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です