データを格納した媒体をお客様にお届けするための送料です

データを格納した媒体をお客様にお届けするための送料です

データを格納した媒体をお客様にお届けするための送料です。送り先によって送料が異なる場合があります。

また、自宅、自社の付近に数箇所のデータサルベージのサポートを実施されたサービスの会社がありましたら対象の機材や、間違って消去されたファイル、または拡張子の破損の状態を修復できるそれぞれのコースの費用を、目視で各事業ごとに違いの比較をする選び方もあります。

間違えて必要なファイルを削除してしまったり、うっかりストレージをフォーマットしてしまう「論理障害」のアクシデントであれば、物理的な機材の損壊によるデータ損失の時よりも代金は安くなります。

パソコンやサーバ上での作業中や、スマートフォンやタブレット端末の操作中にデータ・エラー(data error)による異常が発生して、ファイルが破損してしまいアプリケーションソフトから読み込めなくなったり、誤って必要なファイルを削除したりまたはHDDやメモリーカードが故障してしまうと、大事なデータが開けなくなってしまいます。

「データ復旧」とは、デスクトップPCのWindowsのエクスプローラーやmacOSのFinderから消えたファイルを復元したり、またノートパソコンの内部からの救出、外部のハードディスク・SSDの読み込みの復活やサーバーの復帰、USBメモリからの回収、RAIDからのリカバリー、LinkStationやTeraStation、LANDISKなどのNASが故障した時のレスキュー、といった対処方法を指します。

しかし、外付けHDDを使用している方の中には、「どうしよう、データが開けない…」「大事なデータなのにバックアップを取ってなかった!」など、このようなトラブルで困っているケースも多いようです。

また、こちらの業者は復元費用が安いことも評判となっていて、成果報酬型なので万が一データを復元できなかった場合は一切の費用がかかりません!依頼するリスクが少なく安心して相談から依頼までが可能なので、データトラブルでお困りの方はぜひ一度利用してみてください。

この中で最安料金は5000円〜!という表示になっておりますが、実際にこの金額でデータ復旧はできない可能性が高いので参考にはならないと考えて良いでしょう!最低でも3万円~5万円からの依頼がデータ復旧の全体で言える相場です。

これらの要素により、データ復旧業者の価格には幅が生じるのです。専門業者は人件費やマーケティングコスト、研究開発への投資など多くの費用を負担しています。それぞれの業者が自社の経営戦略や技術力に応じて料金設定を行っており、その結果、相場の幅が生まれているのです。

また、デジタルデータリカバリー様といった大手のサービスは、より多くの種類の機材を取り扱われていてストレージの種類や、重度の破損の障害への対応を含めたトラブルごとの金額のコースが設定されています。

そんな時のための、専門事業のデータ復旧サービスセンターに注文をして復元をしてもらう際に失ったデータの復旧の作業に掛かる料金の相場が、各コースまたは会社ごとに違う時はどのような点を見て、またどのように選択をしていけばいい?という疑問について。

まずはデータ復旧業界大手6社、各業者のHPに記載されたデータ復旧料金を調べて比較表を作ってみました。

同じデータ復旧でも価格変動が当たり前にある業界で、中には安くできるデータ復旧に対して法外な料金を請求する業者も存在します。そんな悪質な業者に騙されないためにも、「データ復旧業界の仕組み・相場」を知ることが何よりも大切です。

データ復旧の相見積りをLINEでカンタンに。

また例として、デジタルデータリカバリー 様での、データ復旧料金について の解説も参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です