業者サーバーデータ復旧

業者サーバーデータ復旧

アドバンスデザインでは、日本データ復旧協会(DRAJ)の行動指針をもとに、成果報酬制でのデータ復旧サービスの提供を行っています。最近では、データの復旧が出来なかったにも関わらず、高額な料金を請求する業者も存在します。

データ復旧ソフトの利用は、業者に依頼するのに比べて費用を抑える事ができますが、成功する確率は業者に比べると低いです。誤った使用方法が機器の症状をさらに悪化させ、データ破損に繋がる恐れもあります。

リーガルテックは、法廷で使用するデータの復元に対応している業者です。復旧可能なメディアはHDDや携帯電話、ICレコーダーなど多種多様。メールやインターネットの閲覧履歴、SNSアプリのメッセージなど、さまざまなデータの復旧に対応しています。

ソフトウェアのエラーによるデータ消失の場合にも、自分で復元しようとするのではなく、データ復元の専門業者に依頼することをおすすめします。こういったケースではバックアップさえきちんとできていれば、問題なくシステムを復旧できることも多いでしょう。

データ復旧の設備を自社内に保有し運営している業者は、復旧ラボへの持込みや見学を受付ていたり、SNS等で作業風景を発信しているケースもあります。心配な場合は「作業現場の見学は可能ですか?」「設備を自分で確かめたい」等を相談するといいでしょう。セキュリティ等を理由に断られた場合、その業者は怪しいと判断したほうがいいです。正確な実態を確認するようにしましょう。

こうした障害の発生時は、データ復旧を手掛ける専門の業者に依頼するのが一番だが、なにせこうした障害は、一生に何度も、かつ繰り返し遭遇するものではないため、どのような基準で業者を選ぶべきか、判断がつかない人がほとんどだろう。

HDDはデータの保存量が多く、内部の部品(磁気ヘッドやプラッタなど)の動作異常の可能性が高いため、USBメモリやSDカードに比べてデータ復旧作業が複雑です。さらに、スマホやレコーダーなど、復旧できる業者が限られる作業は難易度が高いため、料金が変化します。

その点、高度な技術を持ったデータ復旧業者に依頼すればあらゆる症状に対応し、確実なデータ復旧を行ってくれます。操作ミスで消してしまった、システムエラーで消えてしまった、水没や落下でハードディスクを壊してしまった場合でも対応可能です!

他にはデータ復旧の技術レベルが特に高い業者の特徴として、下記があげられます。

データ復旧の際、作業の中でデータの中身を見られてしまうため、業者選びも慎重に行う必要があります。どうしてもデータの中身を見られたくない場合はデータ復旧業者への依頼は難しいでしょう。

大前提として、HDDは消耗品です。そのため、衝撃等で破損してしまう場合もあります。場合によっては専門のデータ復旧業者に依頼しないと直らない場合もあります。

また見積もりのために送ったHDDを「今復旧させないと全データが消える」などと称して人質に取る悪質な業者もいて、なかなか優良な最安値業者を探すのは容易ではありません。

情報を取り扱うにはリスクが伴います。失いたくない・社外秘の情報など、大切なものの復旧を依頼するからこそ、高品質なサービスを提供している業者へ依頼すると良いでしょう。高品質なサービスを提供している業者の基準としては、品質マネジメントシステム規格を担保するISO9001やマネジメントシステム規格を担保するISO27001などの国際認証を受けているかどうかなどが挙げられます。情報リスクの低減やリスクマネジメントを徹底している業者であれば、データ復旧の品質はもちろんのこと、取り出したデータの取り扱いにも信頼が置けるでしょう。

データ復旧業者選びで1番大事なのは復旧技術(復旧率)です。データ復旧業者は全国に100社以上存在しますが、技術力は大きく異なります。

データ復旧料金の変動理由として大きいのが業者ごとの「技術料」ですので、データ復旧費用を抑えられるかどうかはこの業者選びが大きく影響してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です