サーバーが見つかりません 頻繁

サーバーが見つかりません 頻繁

「DNSサーバーは応答していません」が表示された場合、ルーターを交換することで解決する可能性があります。

セキュリティソフトやネットワーク系のアプリケーションがDNSサーバーのアドレスを変更したため、エラーが発生するケースもあります。

最後はちょっと番外です。特定のアプリ、サービスなどで接続が出来ない場合です。通常のインターネットは使えるのに、このアプリだけ動かないといったケースです。

DNSサーバは通常プロバイダから提供されるサーバを使用しますが、もしプロバイダのDNSサーバが正常に動作していない場合、Googleが無償で提供しているDNS「Google Public DNS」を設定してみると、一時的に解決できる場合があります。

インターネットに接続しようとしたら「サーバが見つかりません」「サーバに接続できませんでした」といったメッセージが出て、インターネットに接続ができなかった経験がある方、多いのではないでしょうか?

「DNSサーバーは応答していません」が表示された場合、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapterを削除することで解決する可能性があります。

【設定方法その3】「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックして「優先DNSサーバー」の部分に家庭内(もしくは企業内)にあるルーターのIPアドレスを入力して「代替DNSサーバー」の部分は空欄にする。

また、別の対処法としては、下図がルーターのIPアドレスの自動割り当て(一般的にDHCPサーバー機能といいます)の設定画面になりますが、IPアドレスの自動割り当ての開始アドレスが「192.168.1.2」になっていましたので、例えば、IPアドレスを固定設定している機器が今回のパソコンの「192.168.1.5」のみであれば、この開始アドレスを例えば「192.168.1.6」など、IPアドレスが固定設定のものと、自動割り当てのもので重複しないようにすれば良いかと思います。

今回は「DNSサーバが応答しない」時に考えられる原因とそれぞれの対処方法について解説しました。

iPhone/iPadにインストールしているセキュリティアプリ、またはコンテンツブロッカーアプリの機能が原因で、Safariでサーバーに接続できないエラーが発生するケースが考えられます。

3. すると、下図のように「設定」の画面が表示されますので画面左側で「プライバシー、検索、サービス」という部分をクリックして頂き、続いて、画面右側の「閲覧データをクリア」という項目にある「クリアするデータの選択」というボタンをクリックします。

「DNSサーバーは応答していません」が表示された場合、セーフモードにすることで解決する可能性があります。

自社・自宅のネットワークが正常にもかかわらず、インターネット接続が正しくできない場合、DNSサーバの障害が発生している可能性があります。

「DNSサーバーは応答していません」が表示された場合、Windowsを再起動することで解決する可能性があります。

もしGoogle Public DNSを使うことで他のサイトが正常に閲覧できるようになったのであれば、プロバイダのDNSサーバ障害が考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です