プライベートipアドレス 重複

プライベートipアドレス 重複

IPアドレスにはいくつか種類があります。代表的なものが、IPv4・IPv6、グローバルIPアドレス・プライベートIPアドレスです。IPアドレスはIPv4と呼ばれるプロトコルが一般的に普及しており、全部で約43億通り生成されています。近年の爆発的なIT化によりインターネットに接続するデバイスが圧倒的に増え、IPアドレスの枯渇が懸念されることになりました。そこでIPv6が誕生しました。

プライベートIPアドレスの範囲内で、各機器に一意の値が割り当てられます。グローバルIPアドレスとは異なり、組織内(プライベートネットワーク)で重複しなければよいため、他の組織と同じ値になってしまっていても問題ありません。プライベートIPアドレスにも、自動(動的IPアドレス)と手動(固定IPアドレス)の2通りの割り当て方があります。

今回はグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いについて解説しました。インターネットや社内ネットワークを扱っていくにあたって基本の「き」となる用語なので、これから情シスについて学んでいきたいという方はしっかりと理解しておきましょう。

IPv4・IPv6というのはプロトコルのバージョンのことを指しますが、グローバルIPアドレス・プライベートIPアドレスはどういった種類のIPアドレスになるのでしょうか?次の章からそれぞれを解説していきたいと思います。

重複が発生するとインターネット接続が不安定となるため、著しい遅延の発生や接続不良などの問題が引き起こされます。

グローバルIPアドレスはインターネットに接続したい場合に必要です。インターネットの窓口を担っており、住所が付与されるのはルーターです。反対にプライベートIPアドレスは、基本的にルーター配下の特定のネットワーク内のデバイスに割り当てられます。インターネットを通じて情報のやり取りをする宛先になるのがグローバルIPアドレス。その窓口(ルーター)に届いた情報を指定の届け先(デバイス)に受け渡すための宛先がプライベートIPアドレスです。プロバイダーから割り当てられるIPアドレスが1つであっても、ルーター配下に接続されている複数のデバイスがインターネットに接続できるのは、プライベートIPアドレスのおかげです。

このような通信障害を発生させないためには、重複を引き起こす原因を回避する必要があります。

IPアドレスの重複とは、同じネットワークに接続している複数のインターネット端末に、同一のIPアドレスを割り当てられた状態のことを指します。

プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)とは、組織内のネットワーク(プライベートネットワーク)でのみ使用できるIPアドレスです。オフィス内のネットワークや家庭用のネットワークなどでは、通常プライベートIPアドレスが使われています。プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)は個々のプライベートネットワーク内のみで使うことのできるIPアドレスですが、同じネットワーク内で重複して使うことはできません。

IPアドレスの重複によるネットワークエラーを防ぐ、あるいは解決するためには、ネットワークの仕組みを理解しておくことが重要です。

顧客に透過的な DNS 解決を提供する方法については、「Azure プライベート エンドポイントの DNS 構成」を参照してください。

仮想ネットワークにプライベート エンドポイントをデプロイすると、プライベート エンドポイントの IP アドレス経由でアプリケーションにアクセスできるようになります。 ただし、アプリケーションで特定のドメイン名を使用する必要がある場合は、ドメイン名解決を構成する必要があります。 Private Link では、アプリケーションのドメイン名が DNS に自動的に登録されません。 その FQDN とプライベート エンドポイントの IP アドレスを DNS に登録する必要があります。

アプリケーションの DNS サーバーとして、Azure DNS ゾーンとプライベート Azure DNS ゾーンを使用できます。 詳細については、パブリック DNS ゾーンの作成またはプライベート DNS ゾーンの作成に関する記事を参照してください。

そのため、IPアドレスが重複すると「通信状態が著しく重くなる(遅くなる)」、または、「そもそも接続ができない」などの通信障害が発生します。

家庭内や企業のオフィスで使用されるIPアドレスは、ルーターにより各インターネット端末に自動でIPアドレスが割り当てられるため、通常、重複することはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です