ntp設定 windows

ntp設定 windows

W32Time の拡張ログを有効にするには、次のレジストリ エントリを HKLMSYSTEMCurrentControlSetServicesW32TimeConfig に追加します。

次のレジストリ エントリは、W32Time の既定の構成の一部ではありませんが、拡張されたログ機能を得るためにレジストリに追加できます。 システム イベント ログに記録された情報は、グループ ポリシー オブジェクト エディターの EventLogFlags 設定の値を変えることによって変更できます。 既定では、Windows タイム サービスは、新しいタイム ソースに切り替えるたびにイベントをログに記録します。

ドメイン メンバーとスタンドアロン クライアントおよびサーバーの両方において、この DLL の既定の場所は、 %windir%System32W32Time.dll です。

NTPサーバを設定します。ここではNTPサーバをNICT公開NTPサービス(ntp.nict.jp)を利用していますが、設定したいNTPサーバのIPアドレスまたはホスト名に変更ください。

UpdateInterval レジストリ エントリでは、ゼロは無効な値です。 Windows Server 2003、Windows Server 2003 R2、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 を実行中のコンピューターでは、この値が 0 に設定されている場合、Windows タイム サービスによって自動的に 1 に変更されます。

ドメイン メンバーには、このレジストリ エントリの既定値はありません。 スタンドアロン クライアントとサーバーに対する既定値は time.windows.com,0x1 です。

レジストリ キー : HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetServicesW32TimeParameters値 : type設定値 :Nt5DS = ドメインの階層に従い、時刻同期を行います。クライアント端末 – ログオン先のドメインコントローラと時刻同期を行います。各ドメイン コントローラー – ドメインの PDC エミュレータと時刻同期を行います。子ドメインの PDC エミュレータ – 親ドメインの PDC エミュレータ、またはドメインコントローラと時刻同期を行います。NTP = 手動で設定された時刻同期サーバーと同期します。時刻同期先は同じレジストリ キー配下の NtpServer 値で設定されます。NoSync = 時刻の同期を行いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です