外部ipアドレス 確認

外部ipアドレス 確認

VM 用にリージョン外部 IPv6 アドレス(プレビュー)を予約するには、静的リージョン外部 IPv6 アドレスをご覧ください。

IP addressが今使用しているパソコンのプライベートIPアドレスで、Default GatewayがルーターのプライベートIPアドレスになります。外部のインターネットの代表でもあり、ネットワーク内の起点ともなる機器なので IPアドレスの末尾は基本的に 1が使用されます。

インスタンスにエフェメラル外部 IP アドレスがあり、その IP アドレスを永続的にプロジェクトに割り当てたい場合は、エフェメラル外部 IP アドレスを静的外部 IP アドレスに昇格させます。エフェメラル外部 IP アドレスを予約済みに昇格しても、Google Cloud ではインスタンスに送信されたパケットは破棄されません。これは、インスタンスに直接送信されたパケットとロードバランサによって送信されたパケットの両方に当てはまります。

プロジェクに予約されている静的外部 IP アドレスを一覧表示するには、Console を使用するか、compute addresses list を実行するか、API に GET リクエストを発行します。

VPC ネットワークが共有 VPC サービス プロジェクトにある場合、ホスト プロジェクトの共有サブネットから静的リージョン外部 IPv6 アドレスを予約することはできません。静的リージョン外部 IPv6 アドレスは、独自の VPC ネットワーク内のサブネットからのみ予約できます。

setOrgPolicy API を使用して制約を定義します。allowedValue リストに指定した VM は、外部 IP アドレスを持つことが許可されます。また、外部 IP アドレスの取得を明示的に禁止する VM を示す deniedValues リストを指定できます。このリストに含まれないすべてのインスタンスは、外部 IP アドレスを持つことが暗黙的に許可されます。allowedValues または deniedValues のどちらか一方だけ指定できます。

VM の外部 IP アドレスを制御するための制約は次のとおりです。

メーカーのホームページなども参考にしながら確認するのをおススメします。

既存の VM を変更して、外部 IPv6 アドレス構成を追加または削除できます。

静的外部 IPv6 アドレスを予約します。

青い文字で表示された数字がグローバルIPアドレスです。
このサイトは検索サイトにて「確認くん」と検索することで見ることができます。

一度に複数のリソースが同じ静的外部 IP アドレスを使用することはできません。

VM のアクセス構成の詳細を確認するには、instances.get メソッドに GET リクエストを発行します。

特定のワークロードでは、セキュリティやネットワークに関する制限など、基本的な要件が必要になることがあります。たとえば、特定の VM のみが使用できるように外部 IP アドレスを制限できます。このオプションは、データの引き出しの防止や、ネットワーク分離の維持に役立ちます。組織ポリシーを使用すると、外部 IP アドレスを特定の VM に制限し、組織内またはプロジェクト内の VM インスタンスに対する外部 IP アドレスのアクセスを制御できます。

インスタンスは複数のインターフェースを持つことができ、各インターフェースは外部 IP アドレスを持つことができます。インスタンスにすでに外部 IP アドレスが与えられている場合は、最初に古いアクセス構成を削除してアドレスを除去する必要があります。その後、新しい外部 IP アドレスを含む新しいアクセス構成を追加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です