プライベートipアドレスとは

プライベートipアドレスとは

特定のネットワーク内で割り当てられるIPアドレスをプライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)と呼びます。自宅や社内などの限定されたネットワーク内では、このプライベートIPアドレスが各デバイスに割り当てられ、相互に通信を行います。社内ネットワークでは個人情報や機密情報のやり取りがあり、インターネット上に公開されてはいけません。プライベートIPアドレスが割り当てられている社内PCがインターネットに接続する際には、プライベートIPアドレスがグローバルIPアドレスへ変換されます。その変換作業は主にルーターが担っています。

ユーザーから直接アクセスされないバックエンドのサーバーは、こうしてプライベートLAN内からのみアクセスできるように設定するのがお勧めです。

IPアドレスには「この番号からこの番号まではグローバルIPアドレスで使ってね。この番号からこの番号まではプライベートIPアドレスで使ってね」な範囲が決まっています。プライベートIPアドレスの範囲は・10.0.0.0~10.255.255.255・172.16.0.0~172.31.255.255・192.168.0.0~192.168.255.255で、グローバルIPアドレスはそれ以外です。ですから、IPアドレスを見れば、それがグローバルIPアドレスかプライベートIPアドレスかを判断できます。また、グローバルIPアドレスを一元管理しているのは「IPアドレスを管理してやるから」団体さんですが、世界中のグローバルIPアドレスを直接管理しているわけではありません。実際には、ISPさんに対して「おまえらは、この範囲のグローバルIPアドレスを好きに割り当てて良いよ」と払い出し、ISPさんがそれぞれの個人に対して「おまえはこのグローバルIPアドレスを使え」と割り当てています。

「固定IPアドレス」は、専用のIPアドレスを割り当てる方式です。再接続の際にも常に同一のIPアドレスを使用することができます。プライベートIPアドレスについては、設定により固定IPアドレスを割り当てることができます。また、グローバルIPアドレスについては、多くの場合、追加料金が必要となりますが、固定IPの割り当てサービスを提供しているプロバイダもあります。

サーバーは、単にインターネットと通信ができればよいというものではありません。例えば、Webサーバーとデータベースサーバーなど、ニフクラ内に構築したサーバー間で通信を行う場合は、わざわざインターネットを経由したくはないでしょう。このような場合には、「プライベートLAN」を利用して、ニフクラの内部で通信を行うのがお勧めです。ニフクラのサーバーは、プライベートIPアドレスを持てるため、同一のプライベートLANに接続するだけでサーバー同士の直接通信が可能です。

プライベートIPアドレスの範囲内で、各機器に一意の値が割り当てられます。グローバルIPアドレスとは異なり、組織内(プライベートネットワーク)で重複しなければよいため、他の組織と同じ値になってしまっていても問題ありません。プライベートIPアドレスにも、自動(動的IPアドレス)と手動(固定IPアドレス)の2通りの割り当て方があります。

IPアドレスにはいくつか種類があります。代表的なものが、IPv4・IPv6、グローバルIPアドレス・プライベートIPアドレスです。IPアドレスはIPv4と呼ばれるプロトコルが一般的に普及しており、全部で約43億通り生成されています。近年の爆発的なIT化によりインターネットに接続するデバイスが圧倒的に増え、IPアドレスの枯渇が懸念されることになりました。そこでIPv6が誕生しました。

IPアドレス(Internet Protocol Address)は、ネットワークに接続された機器(PC、スマートフォン、ネットワークプリンタ等)を識別するために各機器に割り振られる番号です。簡単に言えば、通信の宛先を決定するための「ネットワーク上の住所」です。IPアドレスには、規格の違いにより「IPv4」と「IPv6」の2種類があります。さらにIPv4のIPアドレスには「プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)」と「グローバルIPアドレス」があり、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスそれぞれについて「固定IPアドレス」と「動的IPアドレス」があります(表1)。

通用する範囲が違います。グローバルIPアドレスは全世界で通用する住所です。その代わり、全世界で一意になる必要があります。あなたが使うIPアドレスは、この世には1つしかありません。あなたが使っていれば他の人は使えないですし、他の人が使っていれば、あなたは使えないのです。一方のプライベートIPアドレスは同一ネットワーク内でのみ通用する住所です。同じネットワーク内では一意になる必要があります。あくまで「同じネットワーク内で」一意になれば良いので、違うネットワークであれば同じIPアドレスを使っても問題はありません。例えば、私が今使っているパソコンのプライベートIPアドレスは「192.168.1.2」ですが、世の中には同じ「192.168.1.2」をプライベートIPアドレスとして使っている人がたくさんいるはずです。また、グローバルIPアドレスは世界的に管理されています。グローバルIPアドレスを使うときは「IPアドレスを管理してやるから」団体さんから「このIPアドレスを使って良いよ」と払い出してもらって、はじめて使えます。既に使われているIPアドレスとまだ使われていないIPアドレスを把握しておかないと、他の人と重複してしまうかもしれませんからね。「IPアドレスを管理してやるから」団体さんが世界中で使われるIPアドレスが重複しないようにに管理しているのです。一方のプライベートIPアドレスは自分たちで(特定の範囲内で)好きな番号を使えます。世界的には管理されていません。違うネットワークのことは気にしなくて良いですからね。あくまで、そのネットワーク内で一意になるように配慮しておけば良いので、世界的に管理する必要はないのです。

IPv4・IPv6というのはプロトコルのバージョンのことを指しますが、グローバルIPアドレス・プライベートIPアドレスはどういった種類のIPアドレスになるのでしょうか?次の章からそれぞれを解説していきたいと思います。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスでは、割り当てられる仕組みが異なります。

固定IPアドレスは、常に同じIPアドレスでインターネットに接続できます。グローバルIPアドレスの場合は、プロバイダーから固定のIPアドレスを割り当ててもらう必要があり、オプション契約であることがほとんどです。法人向けサービスの場合は基本プランに含まれていることもあります。常に同じIPアドレスでインターネットに接続できるため、IPアドレスを活用したアクセス制限なども活用可能になります。

192.168とあるので、このプライベートIPアドレスはクラスCの範囲になりますがクラスCは192.168.0.0から始まっています。
しかし別に192.168.0.0から始まる必要はなくて、192.168.1がネットワーク部でホストは192.168.1.0がホストでもいいですし僕の家のルーターのように192.168.11がネットワーク部でホストは192.168.11.0でもいいわけです。

そしてプライベートIPアドレスはネットワーク部とホスト部に分かれます。
ネットワーク部というのはそのデバイスたちで形成するネットワーク全体を示すIPアドレスのことでホスト部というのは、ホストつまりコンピュータやデバイスごとに振られるIPアドレスのことです。

グローバルIPアドレスはインターネットに接続したい場合に必要です。インターネットの窓口を担っており、住所が付与されるのはルーターです。反対にプライベートIPアドレスは、基本的にルーター配下の特定のネットワーク内のデバイスに割り当てられます。インターネットを通じて情報のやり取りをする宛先になるのがグローバルIPアドレス。その窓口(ルーター)に届いた情報を指定の届け先(デバイス)に受け渡すための宛先がプライベートIPアドレスです。プロバイダーから割り当てられるIPアドレスが1つであっても、ルーター配下に接続されている複数のデバイスがインターネットに接続できるのは、プライベートIPアドレスのおかげです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です