ユーザーごとに管理を行いたい場合はファイルサーバーが向いています

ファイルサーバーの導入・運用に必要なコストは次の通りです

主にストレージとして利用できるシンプルさが特徴のNASと、カスタマイズに優れる柔軟性が特徴のファイルサーバーはそれぞれ適した用途が異なるため、利用にあたっては、どういった目的でサーバーを利用するのかという点を検討しておくようにしましょう。

「もう少し手間をかけずにファイル共有スペースを構築したい」「ファイルの保管や共有といった最低限の機能で十分」という場合は、ファイルサーバーよりもNASのほうが向いています。なぜなら、NASを導入することで次のようなメリットが生まれるからです。

ファイルサーバーにアクセスすると、ネットワーク上にファイルを保存・バックアップできます。また、複数のパソコンを同一のネットワークにつなぎ、そのなかでファイルを共有できるため、メールでの転送やUSBメモリの受け渡しをせずに済むのがメリットです。

ファイルサーバーを活用する際は、ある程度のイニシャルコストとランニングコストがかかります。ファイルサーバーの導入・運用に必要なコストは次の通りです。

ファールサーバーと外付けHDDの差はOSが入っているかということでしょうか。
再度質問になってしまいましたが返答頂けると幸いです。

AWSやAzureなどのクラウドサービスにおいて、ファイルサーバーとして利用できるクラウドサーバーが提供されています。これはIaaS型のサービス、つまりネットワークやサーバーなどのITインフラを提供するサービスです。

ファイルサーバーは、環境の構築から利用できるまでに時間がかかってしまうため、すぐに利用開始することはできません。ストレージ容量やネットワーク構成の検討、必要な機器の選定だけでなく、設定自体にも手間がかかります。設定項目が多く、グループ作成やアクセス権限付与なども必要となるため、設置の検討から稼働開始まで1か月以上かかるケースも多いようです。

ファイルサーバーは自社構築するので、使用するコンピュータやネットワーク構成などに制限がありません。容量が足りなくなればサーバーを増設、セキュリティ機能を強化したければファイアウォールを増設など、柔軟な容量・機能拡張に対応できます。

社内LAN内でよく利用されるファイル共有システムはファイルサーバーやNASです。ファイルサーバーはサーバー用のコンピュータを「ファイルサーバー化」することで実現し、NASはNASとして製品化された機種を購入します。まずはファイルサーバーとNASの違いを見ていきましょう。

なので、安心してサイトを運営するためには、サーバーに障害が起こる可能性はできる限り少ないほうが良いでしょう。

例えば同じ金額のHDDとSSDのサーバーを比較した場合、SSDサーバーの容量はHDDサーバーの何分の一かになってしまうでしょう。反対に容量を同じにすると、SSD側の金額が跳ね上がります。

外付けハードディスク<<<よりインテリジェンスな機能と管理<<<ファイルサーバー
と思っておけばよいのでは。
ハード的には単なる外付けHDDとファイルサーバーはまったく別物ですけどね。

本記事では、ファイルサーバーとNASの特徴を比較しながら、それぞれの仕組みやメリット・デメリットを解説します。社内での煩雑なファイル管理業務に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ユーザーごとに管理を行いたい場合はファイルサーバーが向いています。ファイルサーバーはユーザーごとにアクセス制御を行ったり、ストレージの容量を増やしたりすることが可能です。ネットワークHDDと比べると費用の面でデメリットがありますが、その分、きめ細やかなシステム運用が可能です。

ファイルサーバーやNASはサーバーが稼働していなければ中身のファイルにアクセスできません。稼働中は基本的に専任のエンジニアを常駐させる必要があり、機器の故障時やメンテナンス時などにアクセス不可になるケースもあります。またアカウント制御やセキュリティ対策の不備によって、外部ネットワークからのアクセスが遮断されるケースも珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です