apex ヒューズ ブラハ

apex ヒューズ ブラハ

パッシブにホワイトレイヴンが追加される。これは、戦術アビリティでスキャンした敵に対してカラスを追跡させられるといったもの。現状、索敵キャラとしてはシアのピック率がかなり高かったが、これによりそれぞれ差別化されてブラッドハウンドも選ばれやすくなることだろう。

新たにクラスが追加されるほか、レジェンドの能力にも調整が実施される。どれもメタ環境が大きく変わるような調整となっており、筆者がよく使うパスファインダーはアルティメットが強化されて機動力がより高まるため実装が楽しみだ。ここから調整が行われるシア、ブラッドハウンド、レイス、パスファインダー、ホライゾン、ミラージュ、ライフラインの詳しい調整内容を見ていこう。

開発今回ブラッドハウンドを変更した理由はいくつかありまして、まずひとつはスキャンのメタを全体的に向上したいということですね。そして、ブラッドハウンドはハンターですから、ハンターらしさが出るようなアビリティの調整を加えたいというのもありました。戦闘時だけでなく、戦闘外でもハンターらしく敵の位置が分かるというアビリティを加えたかったんですよね。

開発射定距離はあります。また、リコンでスキャンした場合、場所はわかりませんが相手プレイヤーに通知は出ます。ブラッドハウンドにスキャンされたような形をイメージしていただければと思います。

ホライゾンのグラビティリフト&ブラックホールの組み合わせはとても強力で、敵が使うホライゾン対策で自分もホライゾンを入れるプレイヤーが多くどのパーティーにもホライゾンがいるといった環境が続いていたので、今回の弱体化でレジェンド環境がどのように変わるのか非常に楽しみだ。

――ブラットハウンドのパッシブにホワイトレイブンを追加した理由はなぜでしょうか。シアに比べて使用率が低かったからですかね?

ブラハはアサルトライフルとショットガンがオススメです。前衛のカバーがしやすいアサルトライフルと、近距離が強いショットガンを使いましょう。

ミラージュが味方を蘇生するとき、自分も含めて透明になるパッシブを持っていたが、この効果が蘇生後も3秒間続くようになる。この調整でライフラインやジブラルタル、ニューキャッスルと同じく金ノックと相性のいいレジェンドになることだろう。

戦術アビリティのグラビティリフトが修正され、リフトの上昇速度は少し上がったものの空中での射撃精度が低下される。あわせて、ウルトのブラックホールの引力もわずかに下がっているようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です